RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2016年04月24日(日) 04:52

『ドラフト戦国大名』の紹介①

デザイナーの志瑞祐です。今回は歴史ストラテジーゲーム『ドラフト戦国大名』がどんなゲームなのかを簡単にご紹介させていただきます!

このゲームでは、プレイヤーは有力な戦国大名の一人となって、武将を雇い、国を発展させ、領地を拡大して天下に覇を唱えることを目指します。領地を広げるには合戦をする必要がありますが、ときには交渉や調略、対戦相手との同盟も有効な手段です。4ラウンドのゲームが終了する頃には、プレイヤー同士の様々なドラマが生まれていることでしょう。

※上の写真は初期セットアップの図。プレイヤーの領地は本国のみで、その周辺には一揆勢力や小大名がひしめいています。

ゲームの中核を担うシステムは『世界の七不思議』や『ヴォーパルス』などでお馴染みのドラフトシステムと『トワイライト・ストラグル』などで採用されているカードドリブンシステム。プレイヤーの行動がカードによって制限されるため、通常のシミュレーションゲームのようにユニットを自由に動かすことはできませんが、ドラフトでどのカードをピックするか、他のプレイヤーは何をピックしたのか、隣のプレイヤーに渡すべきでないカードは何か…などの駆け引きが生まれます。行動できる回数は全部で16回だけなので、一枚一枚のカードの選択が勝敗に大きな影響を与えます。

また、このゲームではラウンドごとに様々なイベントが発生します。何が起きるかはランダムなので、プレイごとに大きく異なる展開のゲームを楽しめるでしょう。

下の写真は越中で『一向一揆』が発生し、中立勢力に国を奪われてしまった図。3兵力を相手にするのはなかなか辛い…。

1461439938293

『寺社仏閣』か『本願寺顕如』のカードをドラフトしていれば『一向一揆』は起きなかったのに…。

1461439931295

以上、簡単なゲーム内容の紹介でした!

なお『ドラフト戦国大名』の予約〆切は5月3日までとなっております。予約状況によっては早期終了することがありますので、確実にお求めの方はお早めにお申し込みください。

当日お会いできるのを楽しみにしています。

志瑞祐 拝



ブース名
ブース番号
2017春 I15 体験卓あり

ブース詳細
2016年春初参加
ドラフト戦国大名/ハーフ人狼
Twitter
@yushidogames
その他
遊志堂ブログ
http://yushidogames.blogspot.jp
トップへ