RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2018年09月04日(火) 23:30

『ディレロア』の戦術考察♪d(^U^)

『ディレロア~Direction & Roar(方向と咆哮)~』の
戦術を考察してみました♪\(^^)

そもそも『ディレロア』とは?
『ディレロア』のルール♪

■第1章:1ターン目はどんな手が有効なのか?
1ターン目は、
ボード上に自分のモンスターが不在なので、
マナを(必ず)2個配置します。
(ちなみにモンスターが存在する場合はマナ1個配置)

通常はマナ2のモンスターを召喚ですかね♪(^^)
(マナ0~1のモンスターと比べて攻撃力高め♪)

ちなみに、次の自分のターンで赤丸の部分にマナ配置すれば、
早速、移動攻撃できます♪d(^^)

なお、画像の位置に配置すると、
カードサイズは2X3マスなので背後にまわられる心配がない配置となります♪
(もちろん、中央に配置して、四方八方をけん制するような配置もアリと思います♪
集中攻撃されるかもですが…♪\(^^;))


これとは別にマナ1を配置するというのも強力です!
次の自分のターンで、マナ1個配置し、どこへでも移動攻撃が可能となるので、
盤面全体に対して、けん制するという強力な手です!d(^皿^)
(これを見て召喚できなくなるプレイヤーも出ると思います♪)

ただし、攻撃力としては非常に弱く、終盤まで残ると単なる得点源となってしまうので、
中盤などに上手く相討ちをして、ボード上から消えてしまうのが正しい撤退方法です♪
\(^^;)<序盤で稼ぐのだ!

■第2章:動きやすさについて
『ディレロア』ですが、マナパターンによって、
動きやすいモンスターと動きにくいモンスターが存在します♪\(^^;)
出来るだけ動きやすいモンスターカードを活用すると有利に展開できます♪d(^^)
(ちなみにフェイズの順番上、召喚→攻撃はできないので、
理不尽に攻撃を受ける事はありません。移動→攻撃のみに注意すればOKです♪)


マナ2のモンスターは足場となるマナが1個あれば、
マナ1個追加配置で、多くの移動が可能となります♪(^^)
(この場合、8通りの移動が可能です♪)


マナの多いモンスターでも、
回転移動しやすいモンスターも存在します♪
回転移動しにくいモンスターより使い勝手が良いです♪


召喚成功したら必ず回転移動できるモンスターもいます♪
死神の下方向が弱点と勘違いして、下方向にモンスターを隣接して召喚すると、
回転移動攻撃で攻撃力6000を喰らうので要注意です!


この辺のモンスターが使いやすいかもです♪

■第3章:テクニック色々


プレイヤーAのモンスター3体に対して、
プレイヤーBがドラゴンを隣接して召喚しました♪v(^^)
移動フェイズではモンスターは1体しか移動できないので、
プレイヤーBは1体しか逃げれません!(><)
そもそも死神とかは移動しにくいので、
どうしても逃げ遅れます。
このように、
・同一プレイヤーのモンスターを複数狙う
・移動しにくいモンスターを狙う
というのが攻撃の基本となります♪(^^)
攻撃フェイズでは同時に4方向を攻撃できるので、
爽快に相手を同時破壊しポイントマナを稼ぐ事ができます♪
一発逆転も狙えるでしょう♪
(注:回転移動やコンボ攻撃の返り討ちに要注意!)


敵を利用するテクニックもあります♪
移動しにくいけど堅い敵のシヴァに対して、
1マス離して配置する事で、(その間にモンスターが入る隙間がないので)
敵のシヴァが背後を守ってくれるという不思議な状況が生まれます♪
混戦などで重宝するテクニックです♪d(^^)


終盤では接戦になりやすく、
1000ポイントの差で勝負が分かれます♪
こういう時こそ、
【マナ破壊】【マナ吸収】などを持つモンスターを
有効活用して上手く自分だけ1万ポイント達成しましょう♪
(【マナ吸収】は常に使うべきですね♪)

ちなみにマナ配置で、
敵の移動を防ぐというテクニックもあります♪d(^^)<高等テクニック!

■第4章:プレイ人数について
実はプレイ人数によって
『ディレロア』は、かなり違うゲームになります♪(^^)
プレイ人数が少ないほど防御重視となり、
プレイ人数が多いほど攻撃重視となります。
(この辺は、好みも分かれるかも?)

2人プレイでは、
マスターポイント(自分のモンスターのみがボード上に居る状態)を
作りやすいので、
特に防御は大切な要素となります♪d(^^;)
じっくり防御して、ボード上を味方モンスターで埋め尽くし、
マナを相手に利用させないという戦術もあります♪(^^;)
(敵を倒したら、敵の利用していたマナを利用して、
すぐに召喚を行います♪召喚は複数体OKなので、
ボード上を一気に埋め尽くす事も可能です♪)
4人プレイになると、
かなり叩き合いのゲームになります♪(^^;)<大混戦!!
端の方で防御を堅くしても、
中央で叩き合いが発生すると、
叩き合いに参加したプレイターのポイントマナが増えていく結果になります!
(『ディレロア』は脱落方式でなく、勝利点方式なので、
防御を重視しすぎると出遅れる結果となります!)

なお、『ディレロア』にて、
攻撃を全て避け切るとかは非常に困難なので、
終盤は攻撃力の高さでやりくりした方が無難です♪d(^^;)

また、長考したくなるゲームですが、
あまりに長考してしまうとテンポが悪くなるので、
長考目安1分(公式戦2分)ぐらいにすると良いかもです♪\(^^)

■おまけ:あんちっくイラスト秘話♪
『ディレロア』は、
ルール考案者:てぃー(TEE)様/イラスト担当:あんちっく
となります♪(^^)
特に以下の2枚の絵に苦戦しました…♪(^^;)
一応、個人的には満足した絵になっています♪(^^)<実力の割に善戦した!


最強キャラという事で、
なるべく強くてカッコ良くと仕上げました♪v(^^)
竜の絵は得意なつもりだったのですが、
カードが小さく複雑な図柄に出来なかったのと、
なかなかバランス良く仕上がらず7~8枚描いた記憶です。(^^;)>


ゾンビは色々と気を付けることが多かったです。
・グロテスクにしない
・怖くしない(子供にも遊んで欲しかったので)
・コメディーっぽくしない
・真面目っぽくする
これも7~8枚描いてようやく完成した記憶です。(^^;)



ブース名
ブース番号
2018秋 土-C05-06 

ブース詳細
ゲームメーカー「あんちっく」 (自営業)です♪(^^) ●変則将棋 ●カードゲーム(ボードゲーム) ●プログラムゲーム が得意♪ ゲームアイデア募集し 商品化もしています♪ (連絡してね♪実績多数!) (委託製造も多いです♪) 変則将棋の祭典 「新将棋まつり」も主催♪ (将棋系ゲームを集めた ゲーム展示会となります♪)
Twitter
@antic_akira
その他
●「あんちっく」サイト
http://antic-main.com/

●「集大成将棋」サイト
 (変則将棋関連)
http://antic-main.com/1_shogi/
トップへ