RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > ニュース

ニュース ニュース

出展者の最新ニュースを一気読み!

ミンナニハナイショダヨ

ニュース

2019年03月26日(火) 07:00

【新作】フェイクディガー の制作ストーリー「大手町スピン編 ②」

『ゲームを作ってみたい・・・』
そんな何気ない願望だった。
ここで言う『ゲーム』というのは、いわゆるコンピュータゲームで、
どちらかと言うと、スマホゲームとかではなく、テレビゲームを指していた。
トムが作りたいゲームのジャンルは、『ドラクエ』や『FF』のようなRPGだった。
飲みの席だった事もあり、3人は次から次へと妄想を並べていた。

私も小学生の頃、『RPGツクール』というゲームに手を出した事があり、
RPGを作りたいという想いは少なからずもち合わせていた。
しかし、その当時は『フラグ』という概念が理解できず、まともなゲームは作れなかった。
昔からストーリーを作る事が大好きで、漫画の原作を考えたり、小説を書いてみたり・・・と
そんな私がこの話に乗らない訳がなかった。

私がストーリー、トムがプログラム、キョウがデザイン、そして、
その場にはいないアーリーにはプロジェクトのマネージメントを・・・と
とんとん拍子に話が進んで行き、翌日には秋葉原の居酒屋でアーリーを説得し、
本格的にプロジェクトが始動した。

とはいえ、我々にゲーム作りのノウハウはなく、すぐに行き詰まった。
そこで私が提案したのが、難易度を下げ、別のジャンルのゲームを作ることだった。
今だから言える事だが、当初からこの流れを想定していたというか、少なくとも期待していた。
そう、『Fakers』の開発を代案としたのである。

私以外の3人は当然、難色を示した。というか、ピンときていなかった。
突然、オリジナルのボードゲームを作りたいと言われたところで、
『ボードゲーム』というものが何かをよく理解できていなかったのであろう。
私はこの『Fakers』に対する想いを3人に熱く語った。
渋々かもしれないが、3人は私の提案に乗ってくれた。
約3年半前に断念した『Fakers』を完成させるべく、心強い仲間を得る事に成功した。

アーリーがサーバーの構築などのいわゆるインフラ周り、トムが技術面、
キョウがイラスト、私がルールなどのゲームデザインを主に担当した。
この時、描いていたビジョンは、スマホアプリとしてリリースする事であった。

『Fakers』を開発するプロジェクト、ユニットの総称としてトムが
「大手町のプロジェクトに参画している4人のスピンオフ」という意味を込め、
『大手町スピン』と名付けた。

その他の制作ストーリーと「フェイクディガー」の詳細は↓↓↓からご覧いただけます。
フェイクディガー 超戦略型宝石発掘バトル!!





2019年03月25日(月) 23:40

遊学芸、両日参加します。TRPG国語ゲーム教材のサンプルも持っていきます。

遊学芸です。ちょうど、ゲームマーケットまで2か月後ですね!

今回は、初の両日参加となります。

最近は紙印刷が厳しくなっているので、冊子印刷が間に合うよう気を付けていきたいと思います。

今回は、新作として4~100人と一緒に遊べる『みんなでダンジョンRPG』という一部屋まるごと使っても遊べるTRPGを出す予定です。

また、冒険企画局様のライブ放送にてご紹介いただいた1時間で遊べるボードRPG『サモンスケート』、2019年改版で、神谷涼先生にプレイヤーをしていただいたリプレイを新規収録したTRPG『いただきダンジョンRPG』、TRPG風脱出ゲーム『UREG』過去作を出します。

小学五年生以上対象のTRPG国語ゲーム教材のマニュアルのサンプルを持っていきます】

そして、本日サイトが公開された学校教育のためにつくられたTRPG国語ゲーム教材『物語の世界を旅しようのサンプルももっていく予定です。

横浜国立大学からダウンロードできるので、ゲームマーケットより前に見てみたい方はそちらをご覧ください。CC-BYですので、特に使用する際許可はいりません。

【いただきダンジョンRPG2019年版はリプレイや各種追加データありです】

いただきダンジョンRPGの2019年版は、参考作品が2019年に更新されているほかにも、神谷涼先生にプレイヤーとしてお越しいただいたリプレイ、手間いらずのランダムダンジョン、追加マジックアイテムやモンスター、お助けNPC、高レベル作成や料理ルールなどを新規収録しました。レイアウトも全面変更して読みやすくしてあります。





新作「Elements of Alchemist」

デザイン ひろ
イラスト Ti-zu,蔵人
人数 2~4人
時間 10~20分
年齢 10歳~
価格 1500円
発売 2019春
予約 https://goo.gl/forms/3AL4usW2E6enVffn1
3行で説明1切り詰めて5枚でデッキ構築せよ!各々好きなパック1つを選び、構築、対戦!

ゲームマーケット春2019年。土日両日参加します。取り置き受付中。








2019年03月25日(月) 17:00

【新作】フェイクディガー の制作ストーリー「大手町スピン編 ①」

いわゆるIT業界で働く私たちプログラマ、システムエンジニアというのは、
『プロジェクト』という単位で仕事をする事が多い。
何かの製品を開発する為に客先に常駐して、リリースしたら次のプロジェクトへ
・・・という割と短いサイクルを繰り返す働き方も珍しくはない。
その為、自分が所属している会社の人間よりも、同じプロジェクトの仲間の方が
接する時間が長くなり、絆が深くなったりもする。

『Fakers』から離れ3年半ほど経った頃、私は東京の大手町で勤務していた。
実際に所属している会社は別の場所にあり、出向という形で
大手町にある企業のプロジェクトに参画していた。
そこで知り合ったのが、別の会社から同じプロジェクトに参画していたアーリーだった。

ランチに訪れた某カレー屋でたまたま同席したのがアーリーと初めて会話するきっかけになった。
お互い人見知りなので、当初の会話はそんなに盛り上がっていなかったと思う。
しばらく同じカレー屋で同席しているうちに、大きいメンチカツの店があるという話題になった。
社交辞令に近い感じだったが、機会があったら一緒に行こう的な約束を交わした。
割と早い段階で約束が果たされる日が訪れた。
そこから一緒にランチに行く習慣ができたと記憶している。

毎回2人でランチに行っていた訳ではなく、たまにメンバーに加わっていたのがトムだった。
彼は、アーリーの会社の後輩で私やアーリーよりも長くプロジェクトに参画していた。
業務的にはあまり絡みがなかったが、これをきっかけに少しずつ仲良くなっていった。

この頃、いわゆる炎上をしているプロジェクトに参画していた。
業界的にはそんなに遅くはないかもしれないが、毎日21時〜22時まで残業していて、
土日のどちらかは休日出勤という生活を送っていた。
今思うと異常な思考回路だが、週6くらいで仕事終わりに飲みに行っていた。
その時の主要メンバーが私、アーリー、トム、そして、
私やアーリー達とは別の会社からプロジェクトに参画していたキョウの4人だった。

何故かよく分からないが、特にこれといった共通点もない4人は仲が良かった。
仕事以外の時間も、ほとんど一緒に過ごしていたように記憶している。
ある休日出勤した日の夜、アーリー以外の3人がいつものように飲んでいた。
トムが何気なく口にした話題がきっかけで、『Fakers』が再始動する事になるとは、
この時は夢にも思わなかった。

その他の制作ストーリーと「フェイクディガー」の詳細は↓↓↓からご覧いただけます。
フェイクディガー 超戦略型宝石発掘バトル!!





2019年03月25日(月) 13:00

【ジャンクション:横暴編集長】今回も出展します

「ゲームマーケット2019春」の出展が決定しました。
出展日は5月25日土曜日です。今回は土曜日のみの出展ですので、ご注意ください。

ブースサイズは試遊1販売1スペース、ブース番号は未定ですので決まり次第、こちらでお知らせします。スペースが小さいので、今回も「横暴編集長シリーズ」のみの試遊にする予定です。

また販売の方ですが、「横暴編集長」、「横暴編集長  ~ニンジャ記念日~」、「「横暴編集長 ~映画三昧~」など「横暴編集長シリーズ」を持っていきます。「横暴編集長 ~中ノ章~」も持っていきます。お待ちいただいている新作も鋭意制作中、間に合うか間に合わないか、ちょっと微妙なところです。間に合えばもちろん、販売します。

前回も売り切れになりました「横暴編集長 Storage Box」も今回はかなり多めに持っていきます。ちなみにこのボックスは、「DIY卓屋」さんによる「横暴編集長シリーズ」用の木製カードケースです。もしかしたら、「DIY卓屋」さんのブースでも販売あるかもしれません。

新版「トーテムのこころ ハーフ」など「トーテムのこころ」シリーズは持っていきませんので、ご注意ください。

また、今回の試遊も整理券方式ではなく、その場でどんどん回していくゆる~い方式でいきますので、思い立った時にブースに遊びに来てくださいね。

よろしくお願いします!





2019年03月25日(月) 08:07

『正体隠匿将棋(別名:雪中将棋)』【在庫切れ&リメイク検討】

新型将棋?変則将棋?の
正体隠匿将棋(別名:雪中将棋)』ですが、
製造上都合もあり増産を停止し【在庫切れ】となりました。
(^^;)

ただし、
大変な高評価をいただいている作品なので、
【駒の品質を良くして、リメイク検討中♪】
となります♪d(^ワ^)
ゲームマーケット2019秋ごろのイメージですが、
早ければゲームマーケット2019春に登場かも?
という感じです♪(^^)

[対局雰囲気の記事]←こちらを見れば凄さが分かるかも!?





【2019春新作】トコトコ

デザイン 加藤大晴
イラスト
人数 3~6人
時間 ~15分
年齢 8歳~
価格
発売 2019春
予約 http://bglabo.main.jp/contact/
3行で説明1自分のトコトコをうまく歩かせてお菓子を食べよう!
3行で説明2失敗するとヘンテコダンスを踊らなきゃいけないぞ(笑)
3行で説明3お菓子を食べれないと死んじゃうぞ!生き残ろう!

鋭意製作中です!

 

最新情報はtwitterで確認ください。





2019年03月24日(日) 20:29

4月の初辰まいりの告知です。場所はいつも通り、大阪住吉大社の石舞台前です。

二両亭かるたのお店では

「花札-武将家紋-」 2500円

「花札キーホルダー」 各500円

を販売させていただきます。「平成最後の初辰まいり」ぜひ遊びに来てください!

大阪住吉大社 石舞台前

〒558-0045 大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89

4/1(月) 10:00~1500

http://sengoku-hanafuda.com

書泉グランデ

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目3−2

https://www.shosen.co.jp/info/93047/

 





2019年03月24日(日) 11:24

ゲムマ大阪おつかれさまでした!

ゲムマ大阪では大勢の方にロクジゾーブースに来ていただき、本当にありがとうございました。
ゲムマ春にも出展しますのでぜひ遊びに来てください。

通販サイトJELLYさまで『天才画家ボン』をお取り扱いいただいておりますので、
興味を持たれた方はこちらをご覧ください。

品切れ中です。すみません。





2019年03月24日(日) 07:00

【新作】フェイクディガー の制作ストーリー「Fakers編 ⑤」

『Fakers』シミュレータツールも多少のバグはあるものの、
それなりに遊べる状態になり、何度も何度もテストプレイを繰り返していた。
時には、友人が自宅に遊びに来たついでに遊んでもらう事もあった。
身内の意見なので、あまり参考にならないとはいえ、
「面白い」、「中毒性」がある・・・そんな声がとても嬉しかった。
しかし、誰よりもこのゲームをプレイしている私には問題点や改善点が目立つようになっていた。

例えば、何の戦略もなく、ひたすら『発掘』を行うだけで勝つ事も少なくなかった。
その問題に対しては、同じマスでは連続で『発掘』を行えない・・・のような解決案を考えた。
それぞれのアクションの内容は試行錯誤しながらカスタマイズしていたが、
根幹のルール改変は中々タイミングが難しかった。
特に宝石の数や内訳に関しては、バランス調整に苦労した。

このゲームをプレイしている中で私が感じていた問題点の中に「単調さ」があった。
『交渉』が未実装であるうちは仕方ないと思っていた時期もあったが、何となく物足りなさを感じていた。
その解決策になったのが、『白の宝石』の登場である。
正直、枚数のバランス的に採用するのを躊躇したが、今となっては必要不可欠な存在だ。

当初は、『黒の宝石』がマイナス価値だから、プラマイゼロの宝石にしようと考えた。
だがそれでは、あまり採用した意味がないように感じた為、どの国にも共通して価値のある宝石にしようと考えた。
自国の宝石よりは価値が低いが、この宝石があるかないかで勝敗を分けると言っても過言ではない。

この宝石が登場して、一気にゲーム開発が加速するかと思いきや、
作りの問題ではあるが、シミュレーションツールとして大幅な改修が必要となり、
動くは動くが何回かに1回程度、不具合が発生し、ゲーム続行ができない状態になってしまった。
『交渉』も実装の目処が立たず、このゲームに意見をくれる仲間もいない。
いつからか、仕事や別の趣味などを言い訳に『Fakers』を思い出す事はほとんどなくなった。
そして約3年半の歳月が流れた。

次回、『大手町スピン編①』

その他の制作ストーリーと「フェイクディガー」の詳細は↓↓↓からご覧いただけます。
フェイクディガー 超戦略型宝石発掘バトル!!





トップへ