RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

Pair×Bear(ペア×ベア)

デザイン 宮野 華也(MoBGAMES)
イラスト わと
人数 2~4人
時間 10~20分
年齢 6歳~
価格 800円
発売 2015春
予約

「各々勝手に『2種類のカードしか使わないゲーム』作ってゲムマで出すのはどうでしょう?」参加作品

(企画詳細はこちら→http://twipla.jp/events/137239

Pair×Bear ペア×ベア

taitoru

○対象年齢
6歳~

○プレイ人数
2~4人

○プレイ時間(説明時間)
15分(5分)

○おはなし
クマだけが住んでいる世界、クマランド。
そこには白いクマ「ユリクマ」と黒いクマ「バラクマ」が住んでいました。
彼らには共通する特徴があり、白は白と、黒は黒とそれぞれつがいになるのです。
あなた達はそんなクマたちを生んだ神様です。
神様たちのお仕事は、クマたちのつがいを承認し、2匹に永遠の愛を授けることです。
もっとも正しくお仕事をこなした神様は、クマたちから感謝され、より多くの信仰を得られることになるでしょう。

という感じのお話で始まります!

使用するカードはモチロン2種類。
白いクマ「ユリクマ」カードと、黒いクマ「バラクマ」カードだけ。
カードB表(ユリクマ)カードA表(バラクマ)

裏面は統一デザインで、裏面からはどちらが白か黒かはわかりません。
そんなシンプルなカードを使って何をやるのか?

MoBGAMESをご愛顧いただいている皆様ならもうお分かりでしょう……。
読みあい、騙しあい、化かしあいでございます。

やることはとても簡単。
みんなが順番にクマカードを場に伏せていき、その中で現在ペアが作れるかどうかを当てるだけです。
当てれば自分がカードを獲得し、外すと他のプレイヤーがカードを獲得してしまいます。
外すのが嫌ならばカードを伏せてパスをすればいいのですが、自分の伏せたカードによって次のプレイヤーがペアを当ててしまう可能性もありますので、なかなかに悩ましい。
そして獲得したカードの中でも違うペアを作って得点化していくので、結果的により多くのペアを作ったプレイヤーが勝利するのです。

2種類カードゲームと言うことで、とことん「ペア」にこだわったゲームです。

詳しいルールは下記のマニュアルでご確認ください。
http://u111u.info/khOr
(本ルールはエラッタが出ています→ルール変更のお知らせ

価格は700円を予定。

PairBear表紙_ol_裏表紙_OL
(左・表紙、右・背表紙)



ブース名
ブース番号
2018春 日-H27 体験卓あり

ブース詳細
一般人(モブ)のためのゲームを作るブランド「MoBGAMES(モブゲームズ」です。 「アナログゲームなんてやった事ないし、よくわからない」というモブな貴方。 そんな貴方へ向けたゲームを作っていきます。 もちろん、そんな友人を誘いたいというゲーマーの方に使っていただくツールとしてもおすすめです。 「手に取りやすい」「わかりやすい」をモットーに、がんばってまいります。 よろしくお願いいたします。
Twitter
その他
トップへ