やづ屋

Tomorrow,I may die.(私は明日、死ぬかも知れない。)

¥1,500

ゲーム概要

  • ストレス社会に立ち向かうサバイバルゲームです。
  • ストレスを解消は、酒、タバコ、精神安定剤に、ギャンブル、そして暴力です。
  • 頑張って長生きしてください。
プレイ人数 3〜7人 プレイ時間5〜15分
対象年齢13歳〜 価格1,500円
発売時期2017春 予約 不可
ゲームデザイン谷津ユウイチロウ イラスト・DTPtorabarukan

ゲーム詳細

ゲーム概要

ストレスをテーマにしたサバイバルゲームです。カードをプレイするか脱落するか、最後の一人になるまで繰り返します。

 

バックグラウンド

ストレスを解消するにはいくつか方法がありますが、最も効果的な方法は、酒、タバコ、精神安定剤に、ギャンブル、そして暴力です。

解き放たれたあなたのストレスは次の誰かのストレスとなるでしょう。たとえ最後に自分の首を絞めることになったとしても。

あなたは衣食住に困ることはありません。

あなたに外的の驚異もありません。

しかしあなたは明日、死ぬかもしれません。

 

コンポーネント



ゲーム用カード一組 ×1

遊び方説明書 ×1

 

ルール概要

自分のターンでは、ストレスに耐え抜くためにカードを1枚プレイします。

酒もタバコも使うごとに効果が薄れ、場に出せるカードは1種類につき2枚までです。

場に出せるカードが無くなったプレイヤーから脱落する、ストレスバースト系カードゲームです。

 

ざっくりと分かった気になる説明マンガ→こちら



 

 

プレイ上のFQA


Q:ギャンブルによって進行方向が分からなくなるんだけど?

A:深刻な問題として受け止めています。手頃なカードを1枚表向きに置き、ギャンブルを使うたびに裏返すなどして、目印になるものを用意してください。

Q:脱落したときにギャンブルの効果はどうなるのか?

A:脱落してもギャンブルの効果は継続します。ギャンブルによって進行方向が逆転しているときに誰かが脱落した場合、次の手番となるプレイヤーは脱落したプレイヤーから反時計回りに1つ隣のプレイヤーです。

Q:逆ギレのときにカードは何枚山札に戻すの?

A:合計6枚です。場のカードを好きな組み合わせで5枚、加えて逆ギレに使用したカード1枚です。

Q:ゲームの準備 4. って必要なん?

A:重要なルールです。どう考えても無駄で不要な行為であり、時間に追われ一刻も早くゲームを開始したい場合は、飛ばしても構いません。

 

エラッタ


・パッケージ プレイ人数

×3~5人用

◯3~7人用

 

・説明書 表面見出し

×ゲームの準備

◯ゲームの進行

 

・説明書 ゲームの進行

×手番の最初に山札の一番上からカードを1枚引き、手札に加えます。(ゲーム開始の一番最初の手番だけは山札からカードを引いた後、その手札が全て精神安定剤カードだった場

◯手番の最初に山札の一番上からカードを1枚引き、手札に加えます。

()内の内容は全て誤表記です。

×この手番で脱落した場合、次の手番は右隣で1つとなりのプレイヤーになります。

◯この手番で脱落した場合、次の手番は時計回りで1つとなりのプレイヤーになります。

 

説明書 カードをプレイ

×カード効果の例(暴力) ※最下部に表記されている見出し

◯カード効果の例(ギャンブル①)

◯カード効果の例(ギャンブル②)