Kino.Q

やっぱり、変えてよ。

¥1,500

ゲーム概要

  • 積んで、積んで、交換するバランスゲーム!
  • クライアントからの無茶ぶりが多め。
  • 積み上がると綺麗!崩れても盛り上がる!
プレイ人数 2〜4人 プレイ時間〜分
対象年齢歳〜 価格1,500円
発売時期2018秋 予約 不可
ゲームデザイン紀 理有子 イラスト・DTP紀 理有子

ゲーム詳細



「きれいに8段積んでほしい。」

そう依頼してきたのは、無茶ぶりをしてくるクライアントでした。

 

ルールは簡単です。

紙コップを交互に積みあげて8段の完成を目指します。

山札からカードをめくってでてきた柄の紙コップを積んでいくだけ!



カードをめくって、でた柄を積む、交換する、積む、積む…交換する。

ね、簡単です!

 



カードででた柄を積んで…

 





クライアントの無茶ぶりに応えながらも、8段積みあげる…!

(上に積まれた紙コップを落としたり、崩れたら、その時点で“全員”で負けです…)

 

…3、4段目くらいまではいいんです。簡単、簡単って思いながら積めるんです。

問題は5~7段目。ここからバランスゲーム(ハードモード)に変わります。

ここでクライアントの気が変わって「やっぱり変えてよ」がくると8段完成できないことがしばしば…。

(6,7段目で「やっぱり変えてよ」の要求に応えられずに崩れてしまうと本当に悔しい!)

 

だから…お助けカードをご用意しました。

それが『猫の手カード』



このカードがでたあと、1回だけ他の人の手を借りることができるんです!

(カードを引いた人以外でも○)

カードがでたあと、ゲーム中1回だけ使えるので

どのタイミングで誰と誰が使うかよーく話し合って使ってくださいね。

 

みなさまがクライアントに綺麗な完成品を納品できますように!

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

『やっぱり、変えてよ。』

〈セット内容〉

・紙コップ 15個(5柄×各3個ずつ)

・カード 18枚

・説明紙

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 



紙コップをスティックのりと比較してみました。

きっと写真で皆さまが想像しているよりずっと小さいです。

試飲で使う小さなサイズで、可愛いんですよ!

 



箱はなんと円筒形!!

ボードゲームをたくさんお持ちの方からしたら

『やっぱり、変えてよ。』を部屋にしまうゲームができるかもしれません。

(フタがついているので、横に寝かせて収納ができます。上に他のゲームは乗せられませんが…)

 



カードは全部で18枚。

小さい紙コップに納まるようにしたので、カードも小さいです。