ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

Joyple Games

坊主ガチャHYPER

デザイン deztec
イラスト イラストAC
人数 2~8人
時間 10~15分
年齢 6歳~
価格 500円
発売 2019春
予約
3行で説明1 姫か坊主か めくらなくてもわかる
3行で説明2 かつてない衝撃の『坊主めくり』
3行で説明3 アブストラクトと運ゲーの悪魔合体

『坊主めくり』が好きな私がこういうことをいうとヘンに聞こえるかもしれませんが、私は「運任せ」なゲームが、基本的には苦手です。

完全情報(に近い)ゲームが好きなんですね。ただ、完全情報ゲームって、たいてい強い人が強い。最初は私も勝ったり負けたりだけど、だんだん私は全然勝てなくなって、得意な人とはそのゲームをしたくなくなる。それは仕方ない。

『坊主ガチャHYPER』は、「『坊主ガチャ』で余った取り札をどうするか」という発想から生まれたゲームです。

私は1作品につき1~30個しか製作する気がないため、カードは市販品です。『百人一首』は詠み札と取り札からなりますが、『坊主ガチャ』では詠み札しか用いません。『坊主ガチャ』だけでは、取り札がゴミになってしまいます。それは何としても避けたい……。

数ヵ月、アイデアが出なかったのですが、ある日、「取り札をそのまま使って『坊主めくり』してはどうか」と閃きました。

姫か坊主か、めくらなくてもわかるのに、『坊主めくり』が成り立つのか? やってみたら、成り立ちました。そして、面白かったです。

坊主ガチャ』で長年の望みが叶って満足していたのに、オマケの『坊主ガチャHYPER』の方がむしろ面白く感じてしまい、作者としては、しばし呆然となりました。

坊主がなんで恋愛の歌を詠みまくっているのか。「この下の句は、明らかに姫」とみなが思ったのに、実際にはお爺さんだったりする。

参加者の百人一首の知識が少なければ、下の句の内容から詠み手を推察する遊びが、まず面白い。

立て続けに数回遊ぶと、みな、どれが坊主の札かわかるようになります。それでゲームが「壊れる」かといえば、さにあらず。「たった5回しかできないパスを、いつやるのか」という心理戦ゲームに変貌し、これがまた面白いのです。

完全情報(に近い)ゲームなのに、ちゃんと運ゲーになっています。それでいて、「運命にあらがう方法はたくさんある」ように思え、実際、策がハマって逆転に成功することも。だけど究極的には、全て運命の女神の掌の上。やりたかったことが全て実現できた、大満足の作品です。

製作数は10個です。

売り切れの際は、ルールは上記の通りなので、100円ショップで百人一首を買って、ちょちょいと加工して遊んでみてください。

ブース名

Joyple Games

Joyple Games

ブース番号

ブース詳細

2019年1月に発足したゲーム制作グループになります。

Twitter

その他