ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

スピマテ製作委員会

ブログ2019年11月10日(日) 20:16

※どのゲームを買うか迷ってる人へ!※「新作で遊ぶ会報告」

11月10日に、秋葉原の「チップアンドダイス」というボードゲームスペースにて、「ゲームマーケット秋の新作で遊ぶ会」をやりました。色々なゲームの新作を作者の方に提供頂き、遊びました。一部ゲームの紹介をしていきます。詳細については、各ホームページを確認して下さい。

★犯人は踊る(紹介ページはこちら。)

これは新作ではありませんが、最初みんなが集まるまでの間、数人で遊んでいました。犯人のカードを持っている人を当てるゲームです。最後まで探偵のカードで犯人を当てられない場合、犯人の勝利となります。シンプルで遊びやすいのでオススメです。

★星空を望む少女達の夜明け(紹介ページはこちら

公開型デッキ構築のボードゲームです。ドミニオンに近いゲームと言うと分かりやすいかもしれません。

プレイ人数は2〜4人程度です。写真たくさん撮ったので、写真多めです。

下記は、手番の流れと、フィールドとなります。カードには、「時間」が書かれており、カードを獲得しても、数ターンの間は手札に加わりません。また、手札から使用したカードは数ターン経てば再度使うことができるようになります。

それぞれのプレーヤーは、キャラクターカードを1枚使えます。ゲーム中に1回使える効果と、1ターンに1度使える効果をそれぞれ駆使して、魔法石を一番たくさん集めたプレーヤーの勝利です。

初期手札は3枚です。

この中から、魔法石を使ってカードを買っていき、数ターン後に手札に加わります。

私の初手です。まあまあ。

魔法石を奪う、攻撃カードです。

場の様子。ターンの終わりに右にずれていきます。

 

エリーベネットの効果で、手札たくさん。楽しい!

キャラクターカードが光ってます!

ポスター。チップアンドダイスに貼ってあります。

★闘技場と5人の勇者(詳細はこちら

スピマテ製作委員会という、長年TCGを作っているサークルの初の正体隠匿ゲーム。3〜5人で遊びます。プレーヤーは闘技場で戦う戦士となり、バトルロワイヤルを行い、最後まで生き残ったプレーヤーが勝利です。プレーヤーには、クラスカードと呼ばれるカードが配られ、遠距離戦と近距離戦を宣言して攻撃し合い、書かれているステータスを比べ合います。

コンポーネントです。5種類×2枚〜10枚のクラスカードを使います。

このように、闘技場を模してカードを並べ、戦いを行なっていきます。この日に動画も撮影したので、いずれ公開されると思います。

★Cradle(詳細はこちら

ドミニオンをイメージして作られた、2人用のゲームです。ドミニオンと違うのが、低レベルの戦士カードを組み合わせて、上級のレベルの戦士を出していくというのが特徴です。ドミニオンと同じく、デッキは循環していく為、少し無理をして高いレベルのカードを買うのか、それとも盤面の有利を取るか、上手く選択しながら遊んでいきます。非常に完成度が高いので、オススメできるゲームです。

★Future Vision(詳細はこちら

運要素を極力排除したTCG風カードゲーム。(既にパックにまとめて必要なカードが入っている為、買えばすぐ遊べます。ご安心を。)デッキは全てのカードが手札のようなものとして使え、手札にするまでに2ターンの時間を要します。2ターン後には状況は変わっている為、いかに読み合うかが如実に出るゲームです。召喚士は人間ですが、ユニット達はみんな動物です(ここはポイント高い!)。2人用のゲームを探しているのであれば、このゲームは是非オススメです。

★スピマテカードゲーム(詳細はこちら

これもスピマテ制作委員会の作るTCGです。5年と長く続いており、5枚から構築して遊べるのが特徴です。

 

 

★毒ガス塹壕戰(詳細はこちら

ゲーム会の時間切れにより、ゲームは序盤で終了となってしまいましたが、独特のコンポーネントが目を引く立体的なゲーム。中々面白そうでした。写真は、まだ序盤です。

ブース名

スピマテ製作委員会

スピマテ製作委員会

ブース番号

2019秋 土-U02 体験卓あり

ブース詳細

強くないけど犯人は踊る、ラブレターが好き。RPGも好き。ドラクエⅣのアリーナ姫と闘技場が好き。大好き過ぎて2019年ゲムマ秋に新作「闘技場と5人の勇者」作りました。戦う系の3-5人用正体隠匿ゲーム。過去の代表作では「超王神機ゼクトダイン」を作り、ゲムマ新作評価アンケート2位でした!

Twitter

その他

新作「闘技場と5人の勇者」をゲムマ秋2019年に出します。