RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2016年05月02日(月) 14:55

ゲームマーケット2016春 imagine GAMES / UTSUROI

IKI-GM42

こんにちは!
imagine GAMES / UTSUROI(ブース番号 J11-12)です。
ゲームマーケット2016春まであと3日となりましたね!

海外向けレーベルのUTSUROIから江戸ボードゲーム『IKI』(邦題;江戸職人物語)を販売します。予約受付中です。

===========================================================================

タイトル:『IKI : A Game of EDO Artisans』(江戸職人物語)

江戸職人の春夏秋冬を描いた最高に粋で優雅な盤上遊戯

プレイ人数:2-4人
プレイ時間:60-90分(実際には120-150分かかります)
対象年齢 :13歳以上

ゲームマーケット特別価格:6800円 (通常価格:7344円)

IKI-GM40

●江戸の歴史資料に基づいた美麗なアートワーク
IKIのアートワークは江戸の職業、商い、町人文化に関する資料を紐解き研究した結果です。ゲームボードには、日本橋界隈の表店と大通りを行き交う人々の様子が克明に描写されています。

職業カードには、実在した様々な職種の江戸の町人たちが、ファッショナブルな出立ちで登場します。畳師、花火師、かるた師という職人。しゃぼん玉売りや唐辛子売りという物売り。そして、紺屋、山伏、巫女、歌舞伎役者…

江戸の市井の人々の息吹が伝わってくるようなアートワークは、ゲーム体験をより豊かに彩ります。

IKI-GM43

●戦略的で重厚なゲームプレイ!
IKIはボードゲーム経験者の方が何度も繰り返しプレイできることを目指して製作されました。

IKIのゲームの目的は、江戸の春夏秋冬1年を通して最も”いき”な江戸っ子になることです。

ゲームは1月を1ラウンドとして、計13ラウンド(12ヶ月と正月)。各ラウンドでは、職人や物売りを雇うフェイズと、親方駒を使い大通りの表店との取引をするフェイズの2つによって成り立ちます。他のプレイヤーの職人と取引できますが、そうするとその職人に経験を与えて成長させることになってしまいます。

”いき”を示すためには、自分の職人を成長させる、長屋での人情ボーナス、建物を建築して町を発展させる、旬の魚を食べるなど様々な江戸流儀があります。何を重視するかはプレイヤーの考え、決定に委ねられます。ただし、年に3回起こる火事はとても強力です。火消し力を上げて備えることも大切ですが、あえてリスクを冒して逆転を狙うときもあるでしょう。

1ゲームを通じて、プレイヤーは多くの選択肢と向き合う必要があります。繰り返し遊ぶことで新たな発見があります。

GM-IKI41

●国内外での高い評価
IKIはアメリカのKICKSTARTERというサイトで、$78,046の資金を集めることに成功しました。その結果、印刷物、木製駒ともに非常に高いクオリティで製作できました。特にアメリカ、フランスでの売れており、Board Game Geekを初めとする海外のレビューサイトでも高評価を得ております。


プロモーションビデオは京都の太秦映画村の全面協力のもと撮影

●IKI特製キーホルダー
ゲームマーケット会場でご購入いただいた方に特製キーホルダーを配布いたします。全5種類の絵柄から選んでいただけます。各種なくなり次第終了とさせていただきます。

===========================================================================

予約受付中です。

IKI : 江戸職人物語 予約フォーム @ゲームマーケット2016春



ブース名
ブース番号
2019大阪 L15-16 体験卓あり

ブース詳細
イマジンゲームズ(imagine GAMES)は宝塚を拠点とし、ボードゲームを企画・開発・制作しています。代表作:『ポストマンレース』『枯山水』『でんしゃクジラ』『エンデの建国者』など。 ゲームマーケット2019大阪では、新版『フタリマチ』を発売します。是非イマジンゲームズまでお立ち寄りください。
Twitter
@imaginebodoge
その他
https://imaginegames.jp
トップへ