RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2016年01月14日(木) 19:50

逆シマニフル雨

※内容のネタバレはしないように最大限配慮していますが、微細な事でも気になる方はご注意ください。

みなさまこんにちは。
レポーターの蜂飼(はちかい)と申します。

今回は、TRPGシナリオ集「逆シマニフル雨」のレビューです。

システム:クトゥルフ神話TRPG
年代:現代
セッション時間:4時間半(「蒼い鳥居」プレイ時間)
タイプ:TRPGシナリオ&短編集
これだけで遊べる?:不可(要ルールブック※)
※小説パートはルールブックがなくても読めます。

 

■プレイしてみて
初心者+熟練者の5人プレイヤーでシナリオ「蒼い鳥居」をプレイしました。
導入部分やクライマックス等、ちょっとだけシナリオの追加描写を入れました。
あとは基本的にはプレイヤーさんのやりたいことを尊重して、
探索したいところを探索してもらいました(途中2人ほど発狂しかけましたが)。
最終的には無事、全員生還しました。よかったよかった。

プレイヤーさんたちの評価は高かったです。

あとこれゲームと全然関係ないんですけど、
NPCとプレイヤーの1人がキャラ被りを起こしていて、
登場させた瞬間に変な笑いを引き起こしました。

 

■面白かったところ
・シナリオと同じ世界観の小説が掲載されているので、読み物としても楽しめます。
ゲームマスターはセッション前に読んでおくとよいでしょう。

・儀式、地図、NPCの立ち絵まで準備してあるので、プレイヤーの想像がしやすいです。
小道具を準備する手間も大分省けました。

・ベテランの探索者でも一瞬分からないくらいラスボスがマニアックな邪神です。
「敵の正体が分からない=あいつなんなの怖いという感情」はプレイするうえで臨場感とわくわく感を出してくれます。

 

■遊ぶときに注意した方が良いところ
・地図や図形をコピーする際、元の紙が小さいので拡大コピー推奨です。うっかり100%でコピーしてしまった間抜けなGM(蜂飼)はプレイヤーの皆さんがキャラクター作成している最中に手書きで図面を書き起こしました……。

・シナリオの1つに若干の年齢制限を含む描写があります。なくても遊べる程度の物ですが、その類が苦手な方にはあまりお勧めできないシナリオが含まれています。

・全体的にプレイヤーが行動を起こす理由が曖昧です。
気になるGMさんは加筆した方が良いかも。

・「探索者はいろんなところを動き回ってくれる」という事が前提で作成されているので、消極的なプレイヤーさんの多い卓ではGMが手助けしたほうがいいかもしれません。
非常に愉快なNPCがいるので、NPCに振り回させるのがいいかもしれません。

 

■こんな人におすすめ
クトゥルフのGMに慣れてきた人
クトゥルフをテーマにした小説が読みたい人

初心者☆☆☆★☆熟練者
プレイヤー向け☆☆★☆☆GM向け

 

逆シマニフル雨



レポーター
自己紹介
レポーターの蜂飼(はちかい)と申します。
普段はTRPGのGMやボードゲームのインスト、イベントスタッフ等いろいろやっています。
web サイト
トップへ