RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年04月01日(日) 14:51 362 views

干物妹!うまるちゃんR~うまるーん神経衰弱ゲーム~

今回は「干物妹うまるちゃん」好きにはたまらないゲームを紹介します!

 

干物妹!うまるちゃんR~うまるーん神経衰弱ゲーム~

 

誰でも楽しむことのできるゲームなので、うまるちゃんを知らない人でも大丈夫です。

 

①ゲーム情報

プレイ人数 2人~6人
プレイ時間 10分
対象年齢 5歳以上
サークル スロウカーブ
価格 1800円

 

②こんな人におすすめ(1つでも当てはまればおすすめです)

・干物妹うまるちゃんが好きな人

・神経衰弱が好きな人、得意な人

・みんなでワイワイ遊ぶのが好きな人

・”宴には「コーラ」と「ポテイト」だ!“という人

 

③ゲーム概要

誰もが知っている神経衰弱がベースのゲームで誰でも手軽に遊べます。そこにうまるちゃん要素や、”シャッフル”や”スキップ”などの特殊なカードも加わりみんなで盛り上がること間違いなし!!

 

④簡単なルール説明

1.基本的には普通の神経衰弱と同じで、同じ絵柄をそろえればカードを獲得できます。

こちらが絵柄一覧です。どれもかわいい(^_^)

 

2.特殊カードをめくると様々な効果が発動します。

海老名(リバース):手番が反対周りになる。

 

切絵(スキップ):次のプレイヤーの手番を飛ばす

 

シルフィン(シャッフル):置かれたカードを裏向きのままシャッフルする。

 

3.黄金コンビをそろえると「うまるの宴モード」が始まる!!

以下の「コーラ」(左)と「ポテイト」(右)をそろえると「うまるの宴モード」に突入します。

※ただし「コーラ」と「コーラ」や「ポテイト」と「ポテイト」ではダメです。

 

うまるの宴モードでは、1回に3枚までカードをめくることができ、そのうち2枚がペアだったらカードを獲得することができ、もう一度3枚めくることができます。

ただしペアができなかったり、「海老名」や「切絵」などの特殊カードを引いてしまった場合はその時点でうまるの宴モードは終了し、次の人の手番になります。

 

4.すべてのカードがなくなったときに一番多くのカードを獲得していた人の勝ち。

 

⑤遊んだ感想

・ルールが非常に簡単で分かりやすいので、いつでも誰とでも楽しめます

・特殊カードが様々なイベントを発生させ、展開を非常に盛り上げます。例えば、せっかく場所がわかったのに前の手番の人が「スキップ」を引いてしまい自分の番が飛ばされてしまったり、中盤のだんだん場所を覚えてきたタイミングで「シャッフル」を引き、カードの場所が分からなくなってしまう……などなど。いつ何が起こるかわからないのが特殊カードの醍醐味です。

・うまるの宴モードは気分爽快です。「コーラ」と「ポテイト」がそろうと始まるこのモードは、カードが揃い易く後半に始まるとカードの大量獲得が狙え、一発逆転もありえます。

・揃える絵柄が全部うまるちゃんなので、よく見てないと間違えることが結構あります。これをやらかすと自分的には悔しいですが、他の人にとっては面白いハプニングです。盛り上がります!

 

 

紹介はこれで終わりです。興味を持った方は是非チェックしてみてください。

干物妹!うまるちゃんR~うまるーん神経衰弱ゲーム~



レポーター
自己紹介
とある理系高校に通っている「りんとら」と申します。
普段は学校の休み時間や休日に友人と一緒にアナログゲームで遊んでいます。その友人たちと作った「Element Creators」というサークルでゲームルールを制作しています。
好きなゲームジャンルは心理戦や思考系です。
プレイレポーターなどの経験は皆無なので未熟なところは多々あると思いますが、面白いゲームをいっぱい伝えられるように頑張りますのでよろしくお願いします。
web サイト
https://ameblo.jp/elementcreators
トップへ