RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年08月07日(月) 14:22 1.1K views

TOKYO-HIGHWAY

プレイ人数 2人(拡張版を使用で4人)
プレイ時間 30分〜60分
対象年齢 8歳以上

 

どんなゲーム?

建築資材を使って道路を建設し、相手よりも先に自分の車をすべて走らせることができれば勝ち!というゲームです。ただし、TOKYOのHIGHWAYは縦横無尽に張りめぐらされ、入り組んでいます。慎重に、壊さないように、全ての車を安全に走らせてあげましょう。

こんな人にオススメ

– 手に汗握りたい
– 頭をひねりたい
– オシャレなゲームをやりたい

ゲームに使うのはこれ!

建築資材は道路と柱、これらを使って高速道路(ゲームにならって以下ハイウェイ!!!)を建設し、ハイウェイの上に車を走らせます。手が大きいから細かい作業が苦手・・・という人でも安心なピンセット付きです。道路はアイスの棒みたいな感じ、柱は丸いパーツでグレーとイエローがあります。通常は2人プレイのゲームですが、今回は拡張セットを使って4人でプレイしてみました。真ん中に置いてあるパーツはゲームを更にエキサイティングにする拡張パーツです。

セットアップ開始!

まず、テーブルの中央に柱と道路を地面に接するように置いて車を走らせ、インターチェンジを作ります。ハイウェイの入り口ですね。それぞれのインターチェンジは、道路1本分離れていなければなりません。インターチェンジを起点としてハイウェイを建設していきます。

勝利条件は?

相手より先に自分の車を全てハイウェイに走らせた人が勝ちです。

ハイウェイに車を走らせる条件は2つです。
・相手の道路の上にまだ道路が交差していない状態で、自分の道路を交差して建設する
(写真だと一番手前のブルーの車が走っている道路を建設した時)
・相手の道路の下に道路が一切ない状態で、自分の道路を交差して建設する
(写真だと一番手前のグリーンの車が走っている道路を建設した時)
どちらかの条件を満たして道路を建設した時に、自分の車をハイウェイに走らせることができます。
ハイウェイに車を走らせるためには、道路をどんどん立体交差させていく必要があリます。2つの条件を意識しながら、建設していきましょう。誰かの建築資材が無くなった場合は、建築資材が無くなった人の負けです。

早速建設してみよう!

道路の建設は素手でもピンセットでもOK。道路が建設できる条件は、以下の3つ。

・道路を建設する時は、起点となる柱よりも柱の数を1個増やすか減らすかしなければいけない
・イエローの柱でジャンクションを建設する場合は、柱の数を気にしなくて良い
・イエローの柱で建設されたジャンクションを起点とした場合、道路を2つに分岐させて良い

道路建設時に相手の柱や道路を破壊した場合は、自分の建築資材を相手に渡さなければなりません。写真から緊張感が伝わると思いますが、本当に手がプルップルします

遊んでみての感想

パッケージとコンポーネントのかわいさが目立ちますが、戦略とバランス感覚が大事なドキドキハラハラゲームでした。最初は「どこにしようかな〜♪」とルンルンで建設していたハイウェイも、立体交差が複雑になってくると、「んーー」と唸り声をあげる事態に。

写真のレベルまで建設されてくると、車を走らせるのがかなり難しくなります。残り資材と相談しながら、高く道路を建設してチャンスを作るか、ギリギリ建設できるくらいの隙間にチャレンジするか、ハイウェイを眺めて頭をひねります。

道路は細く、柱も小さいので建設時は手に汗握るハラハラ感も味わえます。難易度の高い建設は、思わず「ヒィィィ」と声が漏れてしまいました。

難しそうなことばかり言ってしまいましたが、ゲームでやることはとてもシンプル、見た目もオシャレでとてもかわいいです!あまりボードゲームに慣れていない人でも楽しめると思うので、ボードゲーム友達の勧誘にいかがでしょうか?

 

※写真だと柱の上の道路が重なっていますが、重なってはいけないルールだったようです。遊ばれる際はご注意ください。

 

 

TOKYO-HIGHWAY



レポーター
自己紹介
クラスメソッド ボードゲーム部

Akiba.BoardGameを月1で開催。毎日お昼にボードゲームをしています。日頃の活動の写真を中心にツイートします。ボードゲームをより楽しく遊べるような情報を発信していきます!

Akiba.BoardGame
https://atnd.org/users/281813?state=manage

Classmethod, Inc.
https://classmethod.jp/
web サイト
トップへ