RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年07月28日(金) 12:18 1.1K views

メンヘラを探せ

人数:6〜9人 (うちゲームマスター1人)
時間:10〜20
対象:12歳〜

【「メンヘラを探せ」とは?】

メンヘラを探せは、チームで戦う正体隠匿型のボードゲームです。

プレイヤーは「メンヘラサイド」と「健常者サイド」に分かれ、プレイヤーの中に1人だけ居る「メンヘラ」が誰か話し合いながら推理します。もちろん、メンヘラが誰であるかはメンヘラの役職となったプレイヤーしか分かりません!

【遊びかた】

  1. マスター(担任)が役職カードと学生カードの組み合わせを作る
  2. メンヘラとなる学生の情報カードを対比表を見て選択する
  3. 各プレイヤーに役職+学生の組み合わせを配る
  4. 役職にしたがって、アクションを行う
  5. 話し合ってメンヘラが誰かを推理する

役職カードと学生カードの組み合わせは、こんな感じで作ります。

メンヘラの学生の情報カードは、対比表を見ながら選びます。

情報カードが配られたプレイヤーは、メンヘラの特徴シートに情報をコマなどを使って全員に共有します。これがプレイヤーへのヒントになります。メンヘラサイドの場合、嘘をついても構いません。

メンヘラは特別なアクションを行うことができます。それは他のプレイヤー1人にそっと手を触れ、恋に落とすこと!メンヘラに落とされたプレイヤーは直ちに健常者サイドからメンヘラサイドに変わります。誰を恋に落とすかがゲームの勝敗を左右します。

【ここが面白い!】

初めに決まったチームで戦うだけではなく、「恋に落とす」ことでいずれか1人を引き込める点が面白いです。誰が誰を恋に落としたのか…。これを推理するのも楽しいです。

話し合って正体を暴いていく、人狼系のゲームです。人狼より短い時間でプレイできるので、サクッと遊びたいときにオススメです。

人狼系が好きな人は、ぜひプレイしてみてください!

メンヘラを探せ



レポーター
自己紹介
クラスメソッド ボードゲーム部

Akiba.BoardGameを月1で開催。毎日お昼にボードゲームをしています。日頃の活動の写真を中心にツイートします。ボードゲームをより楽しく遊べるような情報を発信していきます!

Akiba.BoardGame
https://atnd.org/users/281813?state=manage

Classmethod, Inc.
https://classmethod.jp/
web サイト
トップへ