RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年04月06日(金) 22:27

Majesty

 

【タイトル】Majesty

【推奨年齢】7歳以上

【プレイ人数】2~4人

【プレイ時間】20~30分

【製作】アークライト

【ゲーム概要】

貴方はちっぽけな国の領主です。国を発展させて、王としての地位を固める為に、街の発展に貢献してくれる人材を求めています。

在野の逸材を発掘し、国に招き、貴方の為に働いてもらい、国を富ませるのです。

しかし、果たして今、どの人材を招くことが一番多くの富を産むのかよく考えなければなりません。

一方で、周辺の小国の動向にも気を配る必要があります。充分な警戒態勢を敷いておかないと、貴方の領土は、周辺の小国から荒らされてしまうかもしれません。

こうした判断に最も長けた領主が、最も裕福な国の王となり、周辺諸国を従えることになるでしょう。

【プレイ感想】

このゲームは『宝石の煌めき』を作ったマーク・アンドレさんが作りました。

場に並んだ人材カードを順番に取り、自分の領地(製粉所、醸造所、魔女の家、見張り塔、兵舎、酒場宿、城、施療院)に配置していきます。

領地にはそれぞれ対応する人材が決まっていて、配置されている枚数によって貰えるお金が変わります。

兵舎に兵士を配置すると、他プレイヤーに攻撃ができます。その時、他プレイヤーは見張り塔の見張りの数が兵士の数を上回って居れば防御に成功します。少なければ攻撃を受け、負傷したカードを施療院に送られてしまいます。

周りの国の動きも考えつつ、お金を稼ぎ、全員が12人の人材カードを配置したらゲーム終了。最後にボーナスの計算をし、最終的に一番多くの富を得た人の勝ちとなります。

発展ルールもあるので何度も繰り返し遊べるゲームです。

やればやるほど深いなぁと思います。

繰り返し遊ぶうち、私はつい守りを固めたくなるタイプなのですが、攻撃的なプレイヤーの方が強いのかもと思いました。まぁ私がゲーム下手なだけかもしれませんが…。

しっかり考え、計算し、一番富を得られる人材を選び配置する、とても頭を使うゲームです。

ルール自体は難しくないので、どんどん遊んで覚えていけるゲームなので色々な人に遊んで欲しいなぁと思いました。

 

 

 

Majesty



レポーター
自己紹介
高校生と中学生の母です。
家族みんなボドゲ大好き!
主に少人数でも遊べるものや、家族で楽しめるものを紹介していけたらと思っています。
web サイト
トップへ