RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年03月01日(木) 23:18 310 views

BLOODY JACK

【タイトル】ブラッディジャック

【プレイ人数】2~4人

【プレイ時間】10~15分

【推奨年齢】9歳以上

【制作】TG&C

【ゲーム概要】世界のどこかにある館アルカジノ。

その昔館では夜な夜な吸血ギャンブルが催されていた。

ヴァンパイアが仕掛けた命を削るそのゲームを人々はブラッディジャックと呼んだ…

今夜のゲストはアナタ

アナタはこのギャンブルに勝利し、無事に館から生還できるか?

※このゲームはトランプゲーム「ブラックジャック」をアレンジしたゲームです。

【プレイ感想】

1~10まで各2枚ずつのナンバーカード20枚と13種類×2,4種類×1のブラッドカード30枚を使います。

ナンバーカードは裏向きでシャッフルし山札にします。

ブラッドカードを裏向きにシャッフルし各プレイヤーにライフとして5枚ずつ配ります。

更に1枚ずつブラッドカードを配り手札とします。

まず、各プレイヤーは山札から一枚引き数字を確認したら裏向きに場に出します。

次に各プレイヤーは山札から一枚表向きで先程のカードの横に並べます。

親から時計回りにプレイします。

1、自分の手札のブラッドカードを使うか使わないか宣言します。

使う場合はブラッドカードの効果を処理し2へ。

使わない場合はそのまま2へ。

2、山札からナンバーカード一枚を引くか引かないか宣言します。

引く場合、山札からカードを表向きで場に並べ手番が終わります。(5枚まで)

引かない場合はパスを宣言し手番が終わります。

全てのプレイヤーがブラッドカードを使わずナンバーカードも引かなかった場合、場の全てのナンバーカードを表向きにし合計を確認します。

合計が21以下かつ合計が最も大きいプレイヤーが勝利。

(ブラッドカードの効果でリミットが20の場合は21もバースト)

最も大きいプレイヤーが複数いたらその全員が勝利。全員バーストなら全員負け。

バーストしたらライフ2枚、バーストせずに負けたらライフ1枚を失います。

失ったライフのブラッドカードは手札になります。

ライフが0になったら脱落。最後まで残ったプレイヤーの勝利です。

ベースのルールはブラックジャックと一緒なのですが、ブラッドカードの存在がゲーム性を格段に上げてます。

カードを他のプレイヤーと交換したり、合計を増やしたり減らしたり。

2人から遊べるのでプレイしやすいし、サクサク進行すれば時間もそこまでかからないので飽きずに遊べて良いですね。

BLOODY JACK



レポーター
自己紹介
高校生と中学生の母です。
家族みんなボドゲ大好き!
主に少人数でも遊べるものや、家族で楽しめるものを紹介していけたらと思っています。
web サイト
トップへ