RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月11日(日) 15:53

ブラックマーケット【強欲コミュニケーション型カードゲーム】

ゲーム内容 カード交換を交渉しながら自分の勝利条件を一番早く達成させるゲーム
今回プレイした人数 4人(最大プレイ人数:5人)
ルール把握時間 約20
1ゲームプレイ時間 約30分

 

どうも。ダウンにフードがついてないと落ち着かないぬるまゆです。

私はボードゲーム全般に好きなのですが、弱いです。勝てません。
思考が単純なため応用が出来ません。特にウソをつく「人狼系」は大の苦手です。
ウソをついてるときは基本日本語が片言になります。
そんなつねに片言状態のゲーム「ブラックマーケット」をプレイしてみました。

まずは自分の勝利条件を決めます。(2つあるのでどちらか一つでOK)

後は交渉か、場に出ているカードで目的のカードを集めていきます。

「秘宝カードがほしい!」と言ってしまうと、みんなに何を狙っているかバレてしまうので、ここはポーカーフェイスを装い、「なんか鉱石系がほしいかも。」と独り言を口走ります。

すると「鉱石系なら持っているので交換しますか?」とくるので、「ありがとうございます。じゃあ、結構良いカード渡しますよ。」とすかさずクズカードで交換します。

すると嫌われます。その上相手もクズカードの場合もありなかなか交渉はうまくいきません。

相手の欲しいカードも予測しつつ、嫌われない巧みな交渉が必要です。
ただウソをつくだけだと負けます。

【気になった点】

・ウソをつきすぎると嫌われます。個人攻撃をうけやすくなります。

【良かった点】
・勝利条件を途中変更できるなど、勝ちパータンが多い。
・コミュニケーションが取りやすいので、場が明るくなる。
・アイテムごとに補足があって楽しい。

 

ブラックマーケット【強欲コミュニケーション型カードゲーム】



レポーター
自己紹介
ぬるまゆです。定期的にボドゲ会を開催していますので、複数人数で楽しめるボードゲームを中心にぬるくレビューしていきます!
web サイト
http://nurumayou.com/
トップへ