RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月27日(火) 00:01 600 views

Improvement of the POLIS

  • 『Improvement of the POLIS』は、古代ギリシャを舞台とした都市の文明発展ゲームです。
  • 共有の場には、勝利点ボード、植民都市ボード、総合ボードが置かれ、各自の場には個人ボードが置かれます。また、各自にはポリス(都市)カードやアクションカード、初期資金などが配られ、政治カードをドラフトで5枚選び初期手札とします。これらを活用して、パロメータを上げ勝利点を獲得していき、9ラウンド終了時に勝利点の一番高いプレーヤーが勝利となります。

◆ラウンドの流れ◆

  • イベント告知フェイズ:このラウンドに起きるイベントの公開。
  • 税収フェイズ:税収に等しいドラクマを得る。
  • ダイスフェイズ:ダイスを2個ふる。
  • アクションフェイズ:振ったダイスの出目を参考に7つのアクションのうちから2つ選び実行。
  • 発展フェイズ:コストを払い、文化、経済、軍事のいづれかをひとつ上げる。
  • イベント解決フェイズ:イベントの実行。
  • マイルストーンフェイズ:5つの目標のいづれかを達成した都市は、税収、栄誉のいづれかをひとつ上げる

 

  全体ボード3枚。   個人ボード。

 

  ポリス(都市)カード   アクションカード

 

  哲学カードとサマリーカード   政治カード

◆総感◆

  • プレイ前は、舞台が古代ギリシャでジャンルが文明発展ゲームという自分になじみのないゲームだったので、ルールが難しいのかとも思いましたが、理解してしまえばシンプルなルールです。
  • 「誰かが*点取ったら終わり」や「どこかの山札が無くなったら終わり」などの終了条件では、あと何ラウンドくらいで終わるのか読めないため、この手のゲームに苦手意識を持つ人もいますが、このゲームは、必ず9ラウンドで終わるのでわかりやすいです。
  • ゲーム中に使われるイベントカードのほとんどが「全員の何かのパラメータひとつを増減する」「兵力の高い人だけ得をして、低い人だけ損をする」のどちらかなため、把握しやすい。
  • 直接的な対人攻撃がないので、予定を立てやすい。
  • 各ボード内に空白部分も多いので、「そのパラメーターは何に関係するのか」とか「コストが兵力なのかお金なのか」とかの情報も各ボード内の空白部分に書いておいてくれると、わかりやすかったかなと思いました。

Improvement of the POLIS



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ