RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年04月14日(土) 00:01 715 views

ZENITH GAMES BANK 銭亀バンク

  • 『ZENITH GAMES BANK』は、ゲームではなく金属製の汎用コインになります。

 

  • 箱の中に入っているコインの枚数は、下記の通り。

銅貨(1点) 40枚
銀貨(5点) 20枚
金貨(10点) 20枚

  • 箱の中に内容物表などが同封されていないため、本来の枚数はわかりませんが、切りのいい枚数なので欠品はない正規の枚数だと思います。

 

  • 4人プレイで1人当たり85点分。両替の余裕分を考慮すると、勝利点や所持金が1人当たり上限50~70点くらいの軽中箱のゲームで利用できそうです。
  • 箱の留め具は、小さな丸いマジックテープ。コインがすべて入っている状態で箱をさかさまにして軽く振っても、フタが外れずしっかりと留まっています。

 

  •  日本の現行硬貨とのサイズ比較。
  • 大きさ的には、金貨>500円硬貨>銀貨=銅貨。
 

 

  • フタを後ろに回すことで、取り出しやすいようにコインが入ったままケースを立てることも可能。

ZENITH GAMES BANK 銭亀バンク



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ