RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年04月03日(火) 00:01

Sanjose サンノゼ

奥様!

悪霊がすぐ隣の部屋まで迫っております!

お逃げください!!


  • 『Sanjose(サンノゼ)』は、部屋タイルを配置していき、迫りくる悪霊から夫人を護りきることを目指す協力型ゲームです。
  • 悪霊と夫人が同じマスに入ったらプレーヤー全員の負け。
  • 山札を使い尽くし引けなくなったら、プレーヤー全員の勝ち。
  • だんだんと増えていく悪霊に対して、プレーヤーの役職も条件を満たしてパワーアップ。

  • 初期配置と役職の説明中。
  • なお、説明書に掲載されている初期配置は、間違いらしいです(左端のタイルが部屋とドアで繋がっている)。
 

 

 
  •  ゲーム途中。
  • 担当は、庭師。
  • 途中まで中庭が出来るように部屋配置が行われていたものの「部屋を輪っか上につなげると、(3~4体目が出てきたあたりで)悪霊に挟み撃ちにされるんじゃね?」と指摘が入り、夫人は一直線に逃走。

 

  プレーヤーが選べる役職6人。条件を満たすことで能力が強化される(裏面になる)。   夫人に迫る悪霊たち。後半から出現する悪霊は壁をすり抜けたり一度に二部屋移動したりと強力。
  トークン類と特殊な形の説明書。   分かりやすくまとめられたサマリー。

◆総感◆

  • 説明書は、写真が多用されている上に色やフォントもうまく使われていて見やすくわかりやすいです。見やすいように、かなりこだわったと思います。
  • ルールサマリーは、細長いサマリー1枚にきれいにまとめられています。事前にカラーコピーしておき、ルール説明の際に全員に配っておくと、ルールの説明がスムーズにおこなえそうです。
  • タイルについては、(タイルがどちらの方向に繋がっていくかわからないため、タイルのサイズが小さめなことはしょうがないとして)部屋とドアと壁の違いがぱっと見わかりづらいので『壁の辺は黒く塗る』とか『部屋とドアの辺は線や三角マークを入れる』とか見やすい工夫が欲しかった。

Sanjose サンノゼ



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ