RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年03月12日(月) 19:00

タイムボム

ゲーム内容 一つの爆弾をめぐり解除出来るか爆発させるか心理戦ゲーム
今回プレイした人数 6人(最大プレイ人数:8人)
ルール把握時間 約15分
1ゲームプレイ時間 約40分

 

どうも。無性に懐かしの「バクダンキャンディー」が食べたいぬるまゆです。

今回は人狼のような「正体隠匿系」ゲーム「タイムボム」です。
以前からあったようですが、かわいい新デザイン(326さんデザイン)で再登場です。

人狼のようにゲームマスターは必要なく、途中退場ということもありません
ルールも簡単なので、ボードゲーム慣れていない人でも手軽に楽しめます。

プレイヤーの前には数枚の導線カードをセット。
その中には「セーフ」「解除」「爆発」の3つのどれかが。
みんなで議論しながら一枚ずつカードを選び「解除」カード6枚(プレー人数分)を探します。

しかしその中には爆発をねらう「ボマー」が!

ボマーは「爆発」カードを引けば即勝ちです。(場にある枚数は1枚だけ)
警察に誰がボマーなのかバレないように「爆発」を導いていきます。(バレても負けないが、何言っても相手にしてもらえなくなる)

「解除カード持っている人?」
「爆発カード持っている人?」

とみんなに呼びかけながら裏の裏をかいていく心理戦が非常に楽しいゲームでした。
今回はプレイしていませんが、ストリー編もあるようです。また次回チャレンジしてみたいです。

【気になった点】

・ボマーだとバレてしまうと一気にアウェイになる

【良かった点】
・ルールが簡単で何度でも盛り上がれる
・運要素もあるので、ボマーがバレても勝てる可能性がある
・イラストが親しみやすい

タイムボム



レポーター
自己紹介
ぬるまゆです。定期的にボドゲ会を開催していますので、複数人数で楽しめるボードゲームを中心にぬるくレビューしていきます!
web サイト
http://nurumayou.com/
トップへ