RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年08月29日(火) 09:23 263 views

縁ノ日

【タイトル】縁ノ日
【プレイ人数】3人〜5人
【年齢】10歳〜
【プレイ時間】20分

今回紹介しますのは昼夢堂さんの【縁ノ日】です。
各プレイヤーは、それぞれがテキ屋を仕切るリーダーになります。
縁日の開催日までに営業権を揃えて利益を上げたり、縁日の後で一番所持金が多いプレイヤーが勝ちになります。
これは、真のお祭りプレイヤーを決めるゲームな予感がしますよ(*´∀`*)

ゲームで使用しますのはこちらですね。
露店カードは【飯、肉、遊、甘、夏、冬】が1〜6の各1枚


縁日開催カードが4枚

サマリー

紙幣

です。

ゲームの準備としましては、各プレイヤーはサマリーと紙幣20万円分を受け取ります。
縁日開催カードを少しよけておき、露店カードをしっかりシャッフルし、各プレイヤーには1枚ずつカードを配ります。こちらは手札になります。
残りの露店カードの山には、縁日開催カードを適当な間隔で加えまして、再びシャッフルして山札にします。
スタートプレイヤーは、最近売り子をした人が居ないならジャンケン等でスタートプレイヤーを決めてね。
スタートプレイヤーが決まりましたらゲームを開始しますよ。

自分の手番になりましたら、アクションを順に行いましたら手番に終了になりまして、時計回りに次のプレイヤーに手番が移ります。

まず自分の手番でしますアクションその1は、メインアクション。
山札を1枚めくり、めくりました露店カードを獲得し自分の手元に置いて下さい。
もし、めくれたのが露店カードではなく縁日開催カードだった場合には決算になりますが、決算についてはあとで説明をします。
山札からカードをめくる前に2万円を支払えば、カードを裏向きのまま獲得し手元に置けますよ。お金があればなんでもでるぜ(。-∀-)ニヤリ
しかし、裏向きのカードはそのままだと決算時には所有してない扱いなので気をつけて下さいね。
裏向きのカードは、自分だけが内容を確認してもよいですよ。

もし獲得したカードが縁日開催カードだと、即座にカードを公開して下さいね(´;ω;`)オカネハラッタノニ
伏せカードを持っていましたら、山札からカードをめくる際に山札からじゃなくて伏せカードを公開してもかまいませんよ。
公開しましたらカードを獲得できます。

次に縁日開催カードがめくれました際には決算となり各プレイヤーは、決算処理を行うことになります。
自分が所有しています露店カードを、1枚以上のグループになるようにそれぞれ分けます。
グループ内の露店カードは、ジャンルか数字が同じでないといけません。また、1枚の露店カードは複数のグループには所属できませんので気をつけて下さいね。

各グループの枚数ごとに収入が違いまして、1枚だけやとマイナス1万円で支払わないといけない。
2枚で1万円。
3枚で3万円。
4枚で6万円。
5枚で10万円。
6枚で15万円。
の収入がありますので、その分の収入を獲得して下さい。

全員の決算が終わりましたら、縁日開催カードを引いたプレイヤーがもう一度山札からカードをめくって下さいね。
縁日開催カードは、ゲーム開始時と手番が1周していない時には決算を行わないで、縁日開催カードを山札に戻してシャッフルして山札から再びカードをめくって下さいね。

最後にできますことは、トレードですね。
こちらができないと山札からカードをめくるだけになりますからね。
トレードでは、手番プレイヤーは他のプレイヤーに露店カードの交換を提案することができます。
トレードに関しまして、露店カードと紙幣を添えてのトレードも構いませんし、紙幣だけで露店カードの交換を提案しても大丈夫ですよ。
手番プレイヤーが介在すれば三角トレードは大丈夫みたいです。
手番プレイヤー以外は、手番プレイヤーに対してのみのトレードの提案をすることは可能です。
成立したら、その通りにトレードして下さい。
ルールに記載がないが、この書き方だと手番プレイヤーは、何回でもトレードは大丈夫なのかな?

トレードが終わりましたら手番が終了して、左隣のプレイヤーに手番が移りますよ。

このように手番を行っていき、山札から縁日開催カードがめくられて、4回決算が行われましたらゲームを終了します。
ゲーム終了時に所持金が多いプレイヤーが勝ちになります。
同数なスタートプレイヤーから、遠いプレイヤーが勝ちとなります。

遊んでみまして、めくれるタイミング次第ですがわりかしセットコレクションはできやすいですかね。
交渉もしてみましたが、どれぐらいの価値で交換するかは少し難しいかな。
縁日カードがランダムにしてあるので、たまに連続やと『このタイミングは、お金が(´;ω;`)』が続いたりすると逆転は厳しかったかな。


テキ屋になるのとテーマとか雰囲気ありますので、テキ屋になりきって楽しんでみて下さいね(・ω・)ノ

縁ノ日



レポーター
自己紹介
うらまこって言います。
『うらまこのボドゲあれこれ』
毎日ブログ更新しています。基本的には、ジャンル問わず遊びます。少しでも気になりました、ゲームの参考になりましたら幸いです。
web サイト
http://blog.urakyoto-bg.net
トップへ