RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年03月09日(金) 18:01

山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム

声に出して読みたい死亡フラグ。
+2:「殺人犯なんて、俺が返り討ちにしてやる!」
+0「犯人は… この中に居る!」……  などなど。


  • 『山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム』は、山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲームです。…………タイトルそのまんま?
  • 生き残ったのはプレーヤー達だけになった山奥のホテル。車を動かすための必要なアイテムをそろえて、このホテルを脱出を目指す。
  • ただし、生存者の中には殺人鬼が潜んでおり、その正体を暴く前に脱出してしまうと殺人鬼の一人勝ちになってしまう。
  • アクションカードに書かれたフレーバーテキストが探偵漫画あるある名台詞で構成されていますので、フレーバーテキストを読み上げながら遊んで欲しいゲームです。

 

◆ゲームの流れ◆

  • 2枚の手札のうち1枚を自分の場に出し、効果を処理。
  • 出したカードの数値の合計が6点以上になっていたら、役割カードを公開。
  • 公開したカードが、一般人だったらゲームからリタイヤ(殺人鬼ならそのまま続行)。
  • 殺人鬼の役割カードを公開させた上で、必要なアイテムをそろえ脱出出来たら、一般人の勝ち。

◆総感◆

  • ルールが簡単なので繰り返し遊べる。
  • アクションカードに書かれたフレーバーテキストが探偵漫画にお約束名台詞満載。
  • プレイ人数が4~5人とプレイ人数の幅が狭いので、7人くらいまで遊べるように役割カードやアクションカードを増量した2版に期待したい。

 

 タイトル  山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム
ジャンル 協力、正体隠匿
プレイ人数 4~5人
内容物 役割カード5枚/アクションカード31枚/マニュアル1枚。

山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ