RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月21日(水) 13:22

山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム

ゲーム内容 犯人をつきとめ殺害されないようにみんなで脱出するゲーム
今回プレイした人数 5人(最大プレイ人数:5人)
ルール把握時間 約15分
1ゲームプレイ時間 約30分

 

どうも。子供時代にプレイしたかまいたちの夜が未だトラウマのぬるまゆです。

ドラマや映画など「あ、これ死亡フラグだなぁ。」というセリフがありますよね。
有名どころだと「俺、この戦争が終わったら結婚するんだ。」なんてセリフを聞いたら「あぁ、殺されるんだろうなぁ。」と同情してしまいます。

そんな死亡フラグなセリフを言いながらも殺されずにみんなで脱出するゲームが「山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム」です。

このゲームは人狼のような『正体隠匿ゲーム』要素があります。
メンバーの中に「殺人犯」がひとり混じって一緒に行動しています。
ただ脱出するだけだと殺人犯が勝利してしまうのでまずは殺人犯を倒す必要があるのですが・・・。

「ん?今、何か動かなかったか・・・ちょっと見てくる。」

手番ごとに死亡フラグのカードがどんどんたまっていきます。
早く脱出アイテムカードを見つけないとカード左上の番号が合計6以上になったら殺されてしまいます。

よしついにアイテムカードがそろったぞ!
・・・が、しかし犯人はまだ生きている・・・。ぎゃぁぁぁ!!!

 

【気になった点】

・犯人への対策カードが少ないかも(序盤に犯人が誰か分かったが、負けてしまった。)

【良かった点】
・死亡フラグのセリフがいかにも殺されそうで面白い。
・人狼のように刺されて殺される訳ではないので、場の空気は悪くならない。
・さくっと終わるので何度も楽しめる。

 

山奥のホテルで殺人事件が起きたからみんなで脱出するゲーム



レポーター
自己紹介
ぬるまゆです。定期的にボドゲ会を開催していますので、複数人数で楽しめるボードゲームを中心にぬるくレビューしていきます!
web サイト
http://nurumayou.com/
トップへ