RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年01月06日(土) 15:43 582 views

プレイレポーター自己紹介

初めまして。
この度プレイレポーターの公認をいただきました、ターキーと申します。

まずはご挨拶を兼ねて、自己紹介をさせていただきます。

ボードゲーム歴は学生の頃に嵌まって早6~7年目といったところで、
主に特定の友人達と数人でクローズドに遊んでいます。
(たまに私だけでオープンなゲーム会に行ったりもします)

一緒に遊ぶ友人ごとに重量級の海外ゲーが好きだったり
正体隠匿やブラフゲーが好きだったりと好みが違うので、
遊ぶゲームのジャンルは割と幅広いです。

そんな中で私の好きなジャンルはというと。
インディーズゲーム(いわゆる同人ゲーム)です。

「それ、ゲームのジャンルとは微妙に違わない?」

というツッコミをいただきそうですが……
メカニズムを問わず、個人制作のゲームで面白そうなものを探して遊ぶのが好きなのです。

ゲームマーケットをはじめとする発表の場があり、
印刷業者のアナログゲーム向けメニューが拡充され、
専門店や通販での販路も確立されてきた昨今。

専業でない個人がアイディアを形にして世に出すということが活発に行われ、
一つの大きな市場になろうとしていることに、まず面白さや熱さを感じています。
そしてそんな中で生み出されたゲームと一期一会の出会いを果たし、
ゲームを通じてクリエイターの方々の情熱と個性を感じるのが好きです。

近年はゲームマーケットで毎回20~30個ほどのゲームを購入して仲間内で遊んできましたが、
ただ個人で遊ぶだけでは飽き足らなくなり、何かこの界隈に資することをしたいと思い
この度プレイレポーターに応募させていただきました。

私のプレイレポートでは、「そのゲームのどこが楽しいか」はもちろんのこと、
プレイする側として「いかにそのゲームをより楽しむか」という観点も書いていければと思います。
例えば「個人的に気になる部分があったので、こんなヴァリアントルールにしてみました」とか、
「ある程度遊び慣れてきたら、こんな戦略も考えられるのでは」とか、そんな類いです。
自分なりの楽しみ方を見出すのも、アナログゲームの醍醐味だと思います。

拙い筆ではありますが、私の記事がみなさまの参考に、またクリエイターの方々の励みになれば幸いです。
これから、よろしくお願い致します。

 

プレイレポーター自己紹介



レポーター
自己紹介
ターキーと申します。インディーズゲームが好きでこの度プレイレポーターの公認をいただきました。メカニクスを問わず軽量~重量まで、たくさんのゲームの楽しさを伝えられたらと思います。
web サイト
https://twitter.com/Turkey_BGM
トップへ