RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月27日(火) 15:49 513 views

雌雄決さない

ゲーム内容 丁度半々に別れるお題を考える協力ゲーム
今回プレイした人数 9人(最大プレイ人数:9人)
ルール把握時間 約10分
1ゲームプレイ時間 約90分(1ターンは10分ぐらい)

 

どうも。敢えてマイナーな方に進みたがるぬるまゆです。

「粒あん派?こしあん派?」「コーヒー派?紅茶?」
世の中には二極化した争いが尽きないテーマはたくさんあります。

そんな意見が割れる争いをみんなで楽しめるようにゲーム化したしたのが「雌雄決さない」です。

全員で親プレイを行い、意見が丁度半々になりそうなお題を考えます。

今回のお題は「好きなのはどっち?きのこの山 or たけのこの里」
これは必ず2極化する良いお題です。

投票するほうが決まれば投票箱に雌雄チップを一人ずつ投票していきます。
今回は「雌」がたけのこの里、「雄」がきのこの山です。

ゲームコンポーネントがそのまま投票箱になっています。
デザインもかっこよくてリーズナブル!

そしてついに投票結果発表です!

きのこの山:5
たけのこの里:3

おしい!あとひとり「きのこの山派」が「たけのこの里」に投票していれば丁度4:4。

そんな時は「心変わりチップ」で相手の投票を入れ替えることができます。

「K君なんかきのこっぽいから投票変えよう。」

K君が「きのこの山派」ならゲームは続行、次の親へ。
しかし「たけのこの里派」ならゲームは終了してしまいます。

ゲーム終了してしまっても「え、なんでみんなこっちに投票してんの?」「やっぱ、こっちだよね!」な感じで意外性や共通点がみつかりその場が楽しく盛り上がります。

コミュニケーションが重要なパーティーゲーム系にはもってこいのゲームです。

 

【気になった点】

・ルールはシンプルで分かりやすかったが、ルール説明の最後のほう(心変わりチップのあたり)が分かりづらかった。
・雌雄という漢字がにているため間違って投票することが多かった

【良かった点】
・意見が割れることでコミュケーションが広がり盛り上がる
・みんなが笑顔で平和になれる
・パッケージがかっこいい

雌雄決さない



レポーター
自己紹介
ぬるまゆです。定期的にボドゲ会を開催していますので、複数人数で楽しめるボードゲームを中心にぬるくレビューしていきます!
web サイト
http://nurumayou.com/
トップへ