RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年11月15日(水) 15:43 160 views

三角ごいた

三角ごいた

 

プレイ人数:4人

プレイ時間:~30分

デザイン:Yuya Hirano(BREMEN Games)

 

石川県の伝統的なゲーム「ごいた」がルールはそのままで、三角の木製駒にデザインして作られてます。特徴としては三角の駒が自立して立ち、得点も覚えなくて良いように駒に刻印されてます。ケースはスコアボードになっていて、2チームの得点が可視化出来ます。

 

【ルール】

プレイ人数は4人で2対2のチーム戦。ランダムに配られた8個の駒を手番順に出していき、最初に全ての駒を出すことが出来た人のペアが点数を獲得します。これを繰り返し、先に150点に達したペアの勝ちとなります。(詳しいルールは割愛してます)

 

【プレイ感想】

伝統的なゲームで長く遊ばれてるだけあって、対戦相手やペアの相手の手駒を読み合う心理戦が面白い。段々、手持ちの駒も読みやすくなるので、ペアの相手に察してくれと言う気持ちで駒を出し合う中で、それが上手く噛み合い、あがれた時は気持ちが良い。三角ごいたは持ち運びしやすくコンパクト。点数も一目でわかる仕様になっているので、より遊びやすくなっています。コンポーネント的にも、木製駒という点と、独立して立つのは好印象です。

 

三角ごいた



レポーター
自己紹介
<p>熊本のボードゲームカフェです。</p>
web サイト
http://hellohellocafe.com/
トップへ