RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年01月01日(月) 06:01 527 views

三角ごいた

二人して 組んでほぐれて 受けと攻め。

…………よこしまな想像したあなたは、石川県の方向を向いて土下座の刑。

(ちなみに ほぐれません)


石川県伝統ゲーム、『ごいた』。2対2の4人限定のゲームというプレイ人数に制限のあるゲームにもかかわらず、愛好者を増やし続ける名作ゲームです。

その『ごいた』の駒は、通常の将棋の駒と同じ大きさの物や麻雀牌サイズ、カードサイズの物など、いままでもいくつかのメーカーやサークルから何種類も作成されていますが、この『三角ごいた』は、その名前の通り三角形の形をしているごいたの駒です。


<気になることいろいろ>

  • 背面の模様でコマの種類わかるんじゃないの? → 背面に色ムラなども見られず、背面からの見分けはつかないようになっています。
  • ゲーム中に駒がひっくり返ったりしないの? → 三角形の形状のため重心が下の方にあり、また、駒の厚みが充分あるので、プレイ中に手が少々ぶつかったくらいでは、コマが倒れるようなことはありませんでした。
  • 点数記入用の紙と筆記用具忘れたら遊べないじゃん → 収納ケースの底が点数ボードになっていて、得点表示用の小さな駒も付いてきます。
  • 入れ物が無駄に、でかいんでしょ? → カードを横に二枚並べた小箱サイズのゲームとほぼ同じくらいの大きさです。

三角ごいた



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ