RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2015年12月09日(水) 02:06

曖昧フェイバリットシングス

D-CROSSのアル隊長です!

レポート第2弾はサークル「するめデイズ」さんの『曖昧フェイバリットシングス』になります!

 

このゲームは11月7日にイエサブ秋葉原RPGショップで行われたゲームマーケット2015秋「新作ゲーム事前体験会」で2度ほどプレイしており、その時から非常に気になっていたものの予算の都合で購入できなかったゲームです(笑)
しかし今回はゲームマーケット事務局にサンプル提供されていたので、それを借りることで改めて遊ぶ事ができました^^

 

最初に言っておこう!

 

「このゲームはかなり盛り上がるっっ! まさに新感覚のコミュニケーションゲームであるとっ!!」

 

DSC_1768

 

【ゲームタイトル】  曖昧フェイバリットシングス
【製作サークル】  するめデイズ
【プレイ人数】  3~5人
【プレイ時間】  30分
【対象年齢】  12歳~
【システム】  新感覚コミュニケーションゲーム
【価格】  3000円(税込)
【発売】  GM2015秋
【入手方法】  サンプル提供
公式サイト<http://ajinoaru.everyday.jp>

 

 

まずは箱を開けてみよう!

DSC_1767

 

<内容物>
ゲームカード65枚、チップ12枚、イレーサー1個、スリーブ30枚、
マーカー5本、ミニチュアポスト1個、マニュアル1個

 

 

DSC_1818

 

まず目に止まるのはアンティークな形をしたミニチュアのポスト
このゲームにおけるスタートプレイヤーマーカーなのだが、かなりのこだわりを感じられる逸品であるw

得点マーカーの切手タイルもいい感じ♪

 

ニチュアのポストと、得点を表す切手型マーカーが12枚。

DSC_1821

 

 

 

他にも色々あるのでとりあえず箱から出してみよう。

DSC_1820

 

ゲームカードは0~5までの2枚セットのカードが6組(+スリーブ6枚)とお題カードが1枚の合計13枚が1人分。

このゲームは5人まで遊べるので、このカードのセットが5人分あります。

 

さて、自分がここで改めてルールを紹介しても仕方がないので、前回のレポ同様ルールは公式HPの方でチェックして下さい!w

 

 

 

 

ルールは読んできましたか?

ここから先はルールは知ってるものとしてレポート書いていくんでヨロシク!w

 

 

 

このゲームは【カード作成フェイズ】【カードプレイフェイズ】という2つのフェイズがあり、

この2つを終わらせると1ゲーム終了となります。

 

 

まずは【カード作成フェイズ】から!

各プレイヤーは好きな色のカードセットを選び、スタートプレイヤーを決めてそのプレイヤーの前にミニチュアのポストを置きます。

そしてとなりのプレイヤーからテーマが書かれたお手紙が届くので、すかさずその上の「From」の欄に自分の名前を書きましょう!

 

 

DSC_1822

 

ほう、オレに対して『放課後さいころ倶楽部の好きなキャラ』というお題とはな・・・

1位は仲間内にはほとんどバレバレの情報(笑)だが、他のキャラの順位はわかるまいっっ

レギュラーの4人の名前は確定で書くとして、残りは2人か・・・

ここは男性キャラでもいいのだが、やはり女の子キャラにしておいた方が無難だろう

 

 

 

DSC_1823

 

そんな訳で6枚のカードに答えを書きました。

カードは透明スリーブに2枚づつ入っており、書き込みカードに答えを書きます。

その下にランキングカードが入っていてズラすと順位がわかるという仕組み。

 

 

 

DSC_1824

ちなみに答えはこうです!

ヨーコアンナがわからない人は放課後さいころ倶楽部の単行本を読み返しましょうw

 

 

ちなみにアル隊長が隣のプレイヤーに渡したテーマはこちら!

DSC_1825

『好きな♀アニメキャラ』!

このゲームは質問次第でその人の性癖とか色々バレたりするのでデンジャラスですw

 

 

で、どんな答えが帰ってきたかと言うと・・・

DSC_1826

なかなかに無難かつ面白味のない答えが返ってきました・・・

(もう少しハッチャければいいのにw)

しかし実に年齢がバレるセレクションだわwww

 

とりあえず戻ってきたカードが自分の手札となる訳です。

全員がテーマに対する答えを記入して元の所有者にカードセットを返したら【カード作成フェイズ】終了となり、次の【カードプレイフェイズ】に移ります。

 

 

 

【カードプレイフェイズ】が始まると、まずはカードの紹介をします。

カードは手札として隠し持つのではなく自分の前に公開されるので全員でカードの内容を確認する訳です。

スタートプレイヤーから順番にカードの内容を読み上げていくのですが、ここでまずひと笑いがおきますw

 

「おいおい、フジコちゃんがベスト5に入んのかよww」

「言っとくけど、最新版のルパン三世のフジコちゃんだからなw」

「隊長の一番はすぐわかるわー、サービス問題やわーw」

「フッ、果たしてそうかな・・・(ニヤリ 」

「行ってみたい国で、アメリカ、イギリス、スペイン、ドイツ、イタリア、バチカン・・・バチカンだけ浮いてるじゃねーかww」

 

などですw

コミュニケーションゲームなので、ここでのやり取りは十分に楽しみましょう!

 

全員の発表が終わったらゲーム開始です。

スタートプレイヤーから時計回りにカードの順位を推測しながら1枚カードを出して行きましょう。

一斉ではないのがポイントです。

普通のゲームであればカードの数値はわかるので一度伏せて出してから一斉にカードをオープンしたりしますが、このゲームは順位(カードの数値)を予想しなければならないので、カードを選ぶ時も外野から声が飛びますw

 

 

DSC_1828

 

「最初の1枚はすきやきっっ!」

「スタートプレイヤーが好きな食べ物がテーマで選んだカードがすきやきかぁ~、1位の可能性が高いけどそうじゃない可能性もあるからなぁ・・・様子見でイギリス!」

「すきやきは実は嫌いとみた!ここは1位狙いのカルカソンヌで!!」

「こいつの好みから行くと・・・ここは南ちゃんで勝負!」

「隊長はアヤが絶対に1位と思うけど・・・う~ん、アヤで!」

 

 

全員のカードが出揃ったら「せーの!」で順位カードをスリーブから引き出して、下記の法則に従って勝敗判定を行います。

①好きなもの(数字が低いもの)ほど強い

②「1」を一人でも出している限り、「0(ジョーカー)」は最強となる

③同じ強さのカードが複数出ている場合は、スタートプレイヤー(親)に近い方が勝利となる。

 

DSC_1829

結果・・・

「1」のカードが2枚出ているので「0」を出したアル隊長の勝ちでした!

※今回の場合、「0」がなければ勿論「1」の勝ちとなります。
「1」は2枚出ていますが、スタートプレイヤーに近い方(今回はスタートプレイヤー自身)が勝つので『すきやき』を出したオレンジのプレイヤーが勝つ訳です。

 

 

 

勝利したプレイヤーは切手トークンを受け取ります。

また、出し終わったカードはその順位が何位だったかわかるように、順位カードを見える状態にしたまま手元に戻します。

こうして1回のプレイが終わったらポストを左隣のプレイヤーに移動させ、次はそのプレイヤーがスタートプレイヤーになってゲームを続けます。

6枚のカード全てを使い切ったらゲーム終了となり、切手トークンを最も多く集めたプレイヤーが勝利者となる訳です。

※本来はもう1ラウンドを逆回りでプレイして勝敗をつけます。

DSC_1830

結果、4勝したアル隊長の勝利となりましたw

自分のカードの順位をほぼ当てていたのが勝因でしょう~^^

 

 

 

このゲームはお絵かきゲームの傑作テレストレーションと同様に、誰もが盛り上がることのできるゲームです!

最初のテーマを決めるときに相手に色々と質問をする事になるので、コミュニケーションを強制的(笑)に行います。
シャイボーイも純情ガールも勇気を出して質問して下さいね^^

 

「スポーツするのは好き?」
>いや、あまり好きじゃないな、見るのは嫌いじゃないけど

「映画はよく見る?」
>TV放送のも見るけど、映画はやっぱり映画館で見るのが好きだね

「好きなカップリングとかある?例えばコンパス×分度器とか!」
>ちょっと何を言ってるのかわからないですね・・・

 

このゲームを終えたとき、一緒に遊んだ仲間たちの知られざる一面が見えるのでより仲が良くなっているかもしれませんし、知ってはいけない友人の隠された性癖を知ってドン引きしているかもしれませんw

テーマが「僕の好きなところは?」とか「今まで付き合った恋人」とか、もう答える事自体が罰ゲームになったりする場合もありますが、使い方(テーマ)を間違えなければきっと盛り上がる事間違いなし!のゲームである事は保証します!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1827

ちなみに自分のカードの順位はこうでした。

・・・こいつ、国民的アイドル南ちゃんに関心がないだと!?

 

 

 

 

 

1/6 追記

 

DSC_2116 DSC_2118

 

2015年12月末に『放課後さいころ倶楽部』の作者である中道先生にも遊んでもらいました。

テーマは全員共通で「好きなボードゲーム」!

千葉県の南柏にあるエムズバーにて、アル隊長、中道先生、バーのマスターの3人で遊んだのですが、2人も大変楽しんでおり「コレは面白い!!」と絶賛でした^^

 

※ちなみに中道先生の【0】のボードゲーム名は大人の事情で公表できませんww

 

 

曖昧フェイバリットシングス



レポーター
自己紹介
D-CROSSのアル隊長です。

ボドゲにハマったのは2009年末なのでボドゲ歴は6年になります。
好きなボドゲBest3は『ラストナイト・オン・アース』『オレゴン』『ベガスの帝王』!カードゲームでは『ロストレガシー』『ラブレター』『スカルキング』が好きです。
ボドゲは金がかからない趣味だという触れ込みで始めたのに、気がついたら所持ボドゲ数は900個近く・・・今までの趣味の中で最も金がかかってる趣味になりましたw
一応「動画レポート部門」のレポーターなので動画でのレポートをしたいとは思いますが、動画だと準備や編集に時間がかかってしまうのでどうなるかはわかりません^^;


【ボドゲ関連の活動】

主にニコニコ動画にアナログゲームのリアルプレイ動画を投稿しています。
http://www.nicovideo.jp/mylist/17240350
他にも不定期で『ボドゲ@スクランブル』というニコ生を深夜に放送しています。
http://com.nicovideo.jp/community/co1325360
あとアニメ「六花の勇者」の映像特典DVDで人狼ゲームのGM兼ナレーションを担当しました
https://www.youtube.com/watch?v=zDcpO5DnZgQ

他には2つのボドゲ会の主催もやっています。
■水曜日の会~残党の集い~(水曜残党会)
inイエサブ秋葉原RPGショップ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6191778
■UNLOCK金曜ボドゲ会
in新小岩のボドゲバーUNLOCK
http://unlock-gamebar.jimdo.com/

ツイッター:@D_CROSS_AL
web サイト
http://www.nicovideo.jp/mylist/17240350
トップへ