RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年07月02日(日) 06:21 1.3K views

レポーター自己紹介(肉)

初めまして、肉と申します。
アナログゲームとブログを書くのが好きな、関西に住む子持ちのオッサンです。

 

【レポートを書くにあたって】
いきなりブッチャケますが、ボードゲームという趣味は結構コストがかかります。
ゲーム自体の購入費用もそうですが、遊ぶ場所の確保や会場への交通費、そして情報収集などなど。
多々ある趣味の中では敷居の低い方だとは思うのですが、生きてるだけで精一杯な極貧サラリーマンである僕には中々悩ましいものがあります。

そんな中で、ネットで読めるブログなどのプレイレポートというのは、特にありがたい情報源です。
面白いゲームを作ってくれるデザイナーさん達や、一緒に遊んでくれる友だちと同じくらい、情報を頂けるレポーターの方には感謝しています。

今回レポーターに選んで頂いた運営の方、読んで下さった方、ゲームを貸してくれた方、お世話になった皆さんに少しでも役立つ情報を提供できればと思います。

 

【僕の趣味嗜好】
アナログゲームは何でも大好きですが、特に魅力を感じるのは「新しさ」を感じるゲームです。
「この人の脳はどんな構造になってんの⁉︎クレイジー過ぎる!」
(※褒め言葉です)
と絶叫してしまう様な革新的な要素を感じると、とてもテンションが上がります。
もちろん奇抜さ=面白さという訳では無く、未熟・蛮勇・クソゲーという評価を受けるケースもありますが……。
僕個人は強く強く、魅力と尊敬を感じます。
そういったゲームの良さも可能な限りお伝えしていきたいな、と感じております。

ちなみにお気に入りのゲームは「ニムト」「キャット&チョコレート」「カルカソンヌ」です。奇抜なのが好きとか宣っておいてドチャクソ定番ですね、すいません。

しかし、オーソドックスなゲームでも遊ぶ人間がエキセントリックだと、途端にイカれた遊び心地のゲームへと変貌する事があります。
僕が妻と初めて「キャット&チョコレート」を遊んだ時は、
「この人の脳はどんな構造になってんの⁉︎クレイジー過ぎる!」
と絶叫したものです(※褒め言葉です、本当です)。

少し話がズレましたが、ゲームというのは、遊ぶ人の性格や能力、その人との関係性や周りの環境等によって、面白さが全く異なってくると思います。
なので、どんな人と遊んだか、加えて遊んだ時の環境等についてもできるだけ書いていきたいと思います。

 

【まとめ】
・ゲーム概要
・魅力的に感じた点
・遊んだ時の環境
以上の点について詳しくレポートする事で、そのゲームの持つ面白さを伝えていこうと思います。

慣れない活動のため至らない点もあるかと思いますが、皆さんに役立つレポートが書ける様に頑張りたいと思います。
何卒宜しくお願い致します。

以上、長文失礼しました。

レポーター自己紹介(肉)



レポーター
自己紹介
web サイト
トップへ