RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年03月06日(月) 02:24 458 views

モンスカート


デザイン チカール
イラスト 小桜世界一
人数 3~4人
時間 45~60分
年齢 12歳~
価格 2500円
実際にプレイした人数 3人 4人
〈簡単なルール説明〉
3人のプレイヤーが10枚ずつ配られたモンスターのカードを確認し、自分なら何点まで獲得できそうか?を競りにかけて、最も自信があるプレイヤーがチャレンジャーという立場になり、残った2人がその達成を阻止するディフェンダーとなり、1対2の形式で戦う。
チャレンジャーのほうは一人で不利なので、エレメント強化、伏せられた二枚のカードと手札とのトレードを行い、チャレンジャーは獲得できると宣言した点を取れたら勝ち、取れなかったらディフェンダー2人の勝ち。
トランプのスカートというゲームが元ネタみたいです。

〈実際にプレイしてみて良かった点、面白かった点〉
4人プレイでは1人はディーラーなので、実際にゲームをプレイするのは三人です。
トリックテイキングと呼ばれるゲームのジャンルらしく、自分の手札から相手のカードを予想し、ルールに従ってカードをだしていく。
単純なルールだが、かなり熱い駆け引きが楽しめる。
チャレンジャーは一人なので基本不利だが、最初にきめるエレメント、トレードのルールや追加点、またカードを出す順などいろいろ考えることがあり、運もあるがかなり戦略的なゲームが楽しめる。ディフェンダー側で協力するのもまた楽しい。
イラストのモンスターもかわいく、付属品もわかりやすくきれいでいい感じであった。
〈実際にプレイしてみて、改善点、提案〉
ゲームルールに関しては何も言うことはありません。かなり練られていると思います。
カードの耐久性が少し低いように感じた。プラスチックのような材質のほうがいいかと感じた。

全体的には、シンプルなルールで駆け引きが楽しめる熱いゲームでした。みなさんにもぜひプレイしていただきたいです。

モンスカート



レポーター
自己紹介
web サイト
トップへ