RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月01日(木) 00:01 604 views

凶星のデストラップ

 

  • 『凶星のデストラップ』は、ひとり(エイリアン)対多人数(探索者)の対立型ゲームです。
  • 上箱に『これはいわば逆人狼?』と書かれていますが、人狼要素は全くありません。
  • ゲームの内容は全然違うのですが、うまく襲撃マーカーの地形指定が当たった時の気持ちよさは、『あやつり人形』の暗殺者や盗賊の職業指定が成功したときに似ています。

襲撃マーカー


◆類似ゲームとここが違う◆

  • 1人側がやりやすい:ひとり対多人数のゲームでは、ひとり側が多くの情報を管理したり多くの手順を処理したりしなければいけないことが多く、そのゲームの持ち主が毎回ひとり側を担当しなければならないことが多いですが、このゲームでは、ひとり側も多人数側も処理するルールの量があまり変わらず、持ち主以外がひとり側を担当しやすくなっています。
  • 裏切り者が出ない:ひとり対多人数のゲームでは、多人数側に裏切り者がいるルールが良くありますが、このゲームでは裏切り者のルールはなく、ウソをついたり人を疑いたくない人も安心して遊べます。

◆細かすぎて伝わらないだろうけど、このゲームのここが凄い◆

  • 昭和のSF小説の挿絵を思わせるような色彩と造形で描かれた地形カード。
  • 読みやすいレイアウトとフォント(書体)と文字サイズで書かれた襲撃カードとサバイバルカード。
  • 重さに物足りなさは感じるものの厚紙ではないプラスティック製の襲撃マーカー。
  • プレイ中に動いてしまってどのマスに置かれていたか分からなくなることもない高さのある救援マーカーと同化マーカー。

凶星のデストラップ



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ