RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年11月12日(日) 15:34 115 views

ミソヒトサジ定食

ミソヒトサジ定食

 

プレイ人数:1~8人

企画・編集:なべとびすこ

デザイン:ユキチ

 

ミソヒトサジ定食は6文字の言葉と7文字の言葉を組み合わせて、短歌を作るカードゲームです。6種類のルールから選択可能。慣れてきたら、工夫次第で無限の遊び方が出来ます。自分達だけのローカルルールや特殊カードのオリジナルな使い方など、自由に考えて遊んでみましょう。

 

6種類のルールの中から最もスタンダードな遊び方を紹介!

【うたいちもんめ】

・準備

①ゴローカード(5文字のカード)、ナナコカード(7文字のカード)をシャッフルし、山札にします。

②プレイヤーは山札からゴローカードを2枚、ナナコカードを3枚引き、手札にします。

③山札からゴローカード、ナナコカードを2枚ずつ引き、場札とし、文字部分が見えるようにして、山札の周りに置きます。

・ゲーム開始

①<交換フェーズ>

手番では自分の手札の中から、いらないカードを何枚でも場に捨てることが出来ます。そして、捨てたカードと同じ色、同じ枚数のカードを場札か、山札からか選んで拾います。(交換しなくても良い)交換が2巡したら、交換フェーズの終了。

②<発表フェーズ>

手札のカードを並び替えて作った短歌を順番に発表します。全員が発表し終わったら、1番好きな短歌に挙手して投票します。

③<得点>

手札5枚のカードのサジマークの合計数+自分に入った投票数=獲得ポイントとして計算。ポイントが多い人が勝ちです。

 

【プレイ感想】

人が捨てたカードや場に出ているカードが自分の手札にぴったりとはまって、早く取りに行きたいのですが、欲しいカードが先に取られることもあったり、2巡で交換し終わらないといけないので、中々思い通りの句が出来ませんが、きっとそこがミソです。意外と名作が生まれたりします。分類的には大喜利系なので、点数を競うというより、面白い句が出来たり、きれいな句が出来たりすると、お互い褒め合いながら楽しくプレイ出来ます。カードの枚数も多いので、飽きずにプレイ出来ると思いました。気心の知れた友達同士ですると間違いなく盛り上がります。もちろん、初対面同士でも笑いが生まれるのですぐに仲良くなれるパーティゲームには最適です。

 

ミソヒトサジ定食



レポーター
自己紹介
<p>熊本のボードゲームカフェです。</p>
web サイト
http://hellohellocafe.com/
トップへ