RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年11月12日(日) 15:28 103 views

ハツデン

ハツデン

ゲームデザイナー Naotaka Shimamoto

プレイ人数 2人

プレイ時間 約30分

 

5種類の自然エネルギーを利用した発電所を作り、街への送電網を完成させる2人用ゲーム。5種類の自然エネルギー毎に技術力を競うと同時に、自分の担当する街にちょうど良い電力を供給しなくてはなりません。プレイヤーは、特殊技術もうまく使いながら、スマートなハツデンエンジニアを目指しましょう!

 

【ルール】

  • カードのセットアップ(説明書参照)

発電所カードを5枚ずつ配る(初期手札)

  • 手番で出来ること

下記の①~④の選択肢から1つ選んでプレイ。その後、山札から1枚手札に補充か、捨て札があったら、それを選んで補充も出来る。常に手札は5枚。

①発電所の建設

手札を1枚を選び、まだ置かれていないマスに発電所カードを配置する。発電所の建設、及び改良により「4」のカードを配置したら、特殊カード1枚獲得出来る。(特殊カードは4枚。早い者勝ち!)

※配置時のルール:そのマスの属する縦列にある自然エネルギーカードと対応するカードを置かなければならない。また、その発電所はその横列に属する街に数字分の電力を供給します。配置する際、横列に置いたカードの数字の合計値は11以下でなくてはならない。

②発電所の改良

建設済みの発電所カードに、それと同種で、より数字の大きい発電所カードに重ねて置く。(発電量を上げる)置かれている数字以下のカードは置けない。

③鉄塔の建設

発電所カードを裏向きにして、鉄塔として建設。

※街への送電は9~11が許容範囲。12以上になってしまう場合、その横列の別のマスの発電所を1枚以上選んで裏返し、発電量が11以内に収まるようにしなくてはならない。

④送電計画の見直し

手札を1枚選んで捨て札にする。(捨て札は全て数字が見えるように置く)

  • ゲームの終了条件

どちらかのプレイヤーが10マス全てにカードを置いたら、相手がもう1手番行って終了。

  • 得点計算

自然エネルギー毎に、どちらの発電量が多いか比べ、大きい方が1点獲得。同数の場合はどちらも0点。街への送電が10だったら、1点、8以下だったら-1点。9、11だったら0点。

 

【プレイ感想】

二人用のゲームでルールが簡単なので、カップル等にお勧めしやすい。見た目のコンパクトさとは裏腹に、戦略性があり、プレイ時間も短時間なので、何度も「もう一回」と言ってやりこみたくなるゲーム。自然エネルギーで得点を得るには大きい数字を置いて相手より合計値を大きくしないといけない。しかし街への供給電力は11以下にしないといけないので、単純に大きい数字を出すだけでは勝てない。縦軸と横軸が絶妙に影響し合っていて、どのカードを配置していくかが悩ましく、とても素晴らしいゲームでした。

ハツデン



レポーター
自己紹介
<p>熊本のボードゲームカフェです。</p>
web サイト
http://hellohellocafe.com/
トップへ