RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年03月06日(月) 03:36 463 views

ハコオンナ


デザイン 江神号
イラスト GENk
人数 3~5人
時間 45~180分
年齢 10歳~
価格 3000円
実際にプレイした人数 4人
〈簡単なルール説明〉
ハコオンナ1人と残りの訪問者で、館の脱出を目指す。
ハコオンナ側は、訪問者に見つかるように、訪問者はハコオンナカードをめくらないように館を探索する。
ハコオンナ側は、徐々に特殊能力が使えるようになる。訪問者がハコオンナをめくってしまった場合、ハコビトというハコオンナ側について、今度は訪問者を殺す側につく。
訪問者は、脱出、供養、討伐の3種類の勝利方法があり、それぞれ、鍵を持って脱出口に行くか、人形をもって亡骸のところへいくか、ハコオンナの弱点アイテムをハコオンナに使うかという3種類。
非対称型の対戦ゲーム

〈実際にやってみてよかった点、面白かった点〉
ハコオンナ側、訪問者側でプレイした。
ホラーのボードゲームというのが新しかったし、ハコオンナ側は逆かくれんぼのような感じで、めくりたくないけどめくらなければいけない状況を訪問者につくらせる。なんとかして訪問者を殺そうとする。訪問者が今持ってるアイテムを予想しながら少しずつ特殊能力を使いながら訪問者を殺していく。
実際、ハコオンナはかなり強いが、訪問者に勝つ道は3つあるので、バランスはよく考えられている。
訪問者側は、物音トークンというのを積み上げて、倒さなかったら行動できるという斬新でホラーの雰囲気が出ているおもしろいシステム、またハコオンナにおびえながらガンガン開けていくのが面白い。
両方の立場で違った楽しみ方があり、とても楽しいです
〈実際にやってみて改善したほうがいいと思った点、提案〉
ゲームバランスはかなり良かったと思います。
慣れるまでは少し時間が必要で、少しルールが複雑。
ボードゲームを普段やらない人には少し難しいかもしれないと感じた。

ホラーなボードゲーム、1対多数のボードゲームを探している人はぜひプレイしてほしいです。雰囲気も良く、カードもきれいでおすすめです。

ハコオンナ



レポーター
自己紹介
web サイト
トップへ