RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年03月06日(月) 02:04 368 views

ガチャレット -Gacharette-


デザイン 御大
イラスト みそしる
人数 1~4人
時間 1~15分
年齢 15歳~
価格 2500円
実際にプレイした人数2~4人

〈簡単なルール説明〉
特殊なさいころを振り、Nが出た分だけ進み、カードをめくる。
そのカードがガチャカードであれば回し、そこでR,SR,SSRが出ればそれに応じてカードを捨てることができる。サービス終了というカードが出た時点でカードの合計点数が低かったほうが勝ち。
変則的なすごろくです。

〈実際にプレイしてみて良かった点、面白かった点〉
カードを多く持ち、得点が高いほうが負けというところが新しい。
また、サイコロは重みがあって見た目以上に上質であった。
2~4人でプレイしたが、完全に運ゲーであり、1分からになってるのはかなり序盤にサービス終了になることもあるからである。
何人でプレイしても、10連ガチャをひくたびに、ガチャやめらんねー!といってサイコロを振り続ける。10連ガチャをひいて10回目はまた進んでカードを引かなければいけないので、ガチャをひいてもほとんどの場合はカードがたまっていく。
コスト5以上のカードはたくさんあるが216分の1のSSRがでなければ捨てることはできず、なかなか理不尽でいい感じ、ただ救済があり、廃課金、重課金、悟りという三枚のカードがそろうと勝利となる。相手からカードを奪えるものもあるので揃うこともあって大逆転もある。
ただ基本は運なので、だれでもできるしだれでも楽しめる、ガチャ依存を断ち切れるかはわかりませんがなかなかおもしろいゲームだと思います。
〈実際にぷれいしてみての考えうる改善点、提案〉
基本は運でワーワー言いながらダイスを振るゲームだと思うので、勝ちにこだわる必要はないと思うが、どうしようもないプレイヤーの逆転要素があるといいかも。
上記の3枚カードを揃えるのは、1枚でも捨て札になると(特に悟りは捨て札になりやすい)重課金、廃課金を持ったプレイヤーが勝ちにくいので、捨て札からカードを持ってくるカードや、ゲーム終了時点で順位に応じてSRを固定したガチャを引けたりすると少し逆転要素があっていいと感じた。

全体的に、軽いゲームだがみんなでワーワーワーワー言いながらダイスを振るのはとても楽しかった。みなさんもこれでガチャ依存を断ち切れるかも(?)
以上ガチャレットのプレイレポートでした!

ガチャレット -Gacharette-



レポーター
自己紹介
web サイト
トップへ