RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月07日(水) 00:01 664 views

トイバー親子のまぐまぐ

♪♪♪ 一瞬に出会った3つのゲームは

折れることない遊戯のしるしさ~ ♪♪♪

(注:穴の開いてる紙製ボードは気をつけて台座に差し込まないと、端が折れそう)

  •  『トイバー親子のまぐまぐ』は、磁石を使ったゲームです。少し放して台座に立てた薄い鉄板の入ったボードとところどころ穴の開いている紙製のボードを磁石で挟みます。
  • 鉄板側の磁石を動かすと紙製側の小さな磁石が動く仕組みになっています。
  • 『トイバー親子のまぐまぐ』をひとつ購入すると「ゴルフ」「ジャングル・レース」「石器時代のコレクター」の3つのゲームが遊べます。
  • 「ジャングル・レース」「石器時代のコレクター」は、別途に時間を計るタイマーを用意する必要があります。

ボードに付いている赤い点のようなものが磁石。

方向と距離を指示するゴルフクラブ。

◆「ゴルフ」◆

  • 『運転役』『指示役』『大会運営役』の3つの役目があり、毎ホールごとに担当する役目が変わっていきます。『運転役』は、磁石を動かす役。『指示役』は、ゴルフクラブを使って『運転役』に磁石を動かす方向と距離を指示する役。『大会運営役』は、見学兼打数数え役です。
  • 4人プレイの場合でも、毎ホール組み合わせが変わっていきますので、「うまい人同士下手な人同士が固定チームになった結果、ゲームにならないほどの点差になってしまう」ということが避けられるようになっています。
  • 各ホールでは、指定されたティーインググラウンドから指定されたカップまで磁石を移動させ、その打数(磁石を動かした回数)を記録します。そして3ホールごとに打数を比較して、一番打数の多い組以外にポイントが与えられます。
  • ティーショットグラウンドとカップの指定には、6色の旗の書かれたタイルを使用します。ティーショットグラウンドとカップの順にランダムに2枚ひいて決定します。

◆総感◆

  • 今回は、「ゴルフ」を3人プレイ。
  • 『支持役』が動かして欲しい距離より、『運転役』は短めに移動させることが多かったので、『支持役』は、自分がイメージしているより長めの距離を指定したほうがいいかもしれません。
  • 最低でも2位の点数だけは貰えますので、少々下手でも他の人と点数が大く差がつくこともなく、プレイできました。
  • 『支持役』も『運転役』も持ち回りで体験して、それぞれの難しさが分かるため、「ペア相手の動かし方や指示が下手なせいで負けた」という良くない感想や感情がおきにくいゲームになっています。

トイバー親子のまぐまぐ



レポーター
自己紹介
・みなさま、はじめまして、ゆきわらしと申します。普段は別のアカウントネームを使用しておりますが、こちらでは”ゆきわらし”を名乗らせていただきます。
web サイト
https://twitter.com/yukiwarasi5
トップへ