RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年02月19日(月) 18:32

それでもウソは言ってない 呼び込み編

【タイトル】それでもウソは言ってない  呼び込み編

【プレイ人数】2~6人

【プレイ時間】30分

【製作】カレーラーメン

【ゲーム概要】

あなたはキャバクラの呼び込みです。

自分のお店にお客さんが来てくれるように女の子を魅力的に紹介しましょう。

ちょっとした短所も言い換えればとっても素敵に!

騙された?いいえ、それでもウソは言ってません。

【プレイ感想】

属性カード(女の子のカード)60枚で遊びます。30枚は長所のカード。残りは短所のカードです。

長所カードには美人・素直・巨乳・優しい・明るいなどが、短所カードにはデブ・メンヘラ・ぶりっこ・口が悪いなどがあります。

中にはコミュ力お化け(長所)、元カノ(短所)、ニューハーフ(短所)なんてカードもあったりします。

まず全てのカードを裏向きでシャッフルし、各プレイヤーに3枚配り手札とします。

残りは山札として裏向きでテーブル中央に配置します。

親を決めたらゲームスタートです。

親プレイヤーは手札から好きなカードを裏向きで中央に出します。

提出したカードの長所または短所を好きなように良くまたは悪く言い換えて説明します。

親以外のプレイヤーはその説明を聞いて欲しい(長所)と思えば獲得します。早い者勝ちです。

誰も獲得しなければ親プレイヤーの獲得カードになります。

長所カードなら+1点、短所カードなら-1点。

獲得したカードは表にし、親プレイヤーは山札から手札を1枚補充します。

その後、時計回りに隣のプレイヤーが親になります。これを全員が4回親になるまで繰り返し、得点の多かったプレイヤーの勝利になります。

 

これはパーティーゲームですね。大人数でワイワイしながらやるのが面白い。

正直6人でやると全員が4回親をやるまでっていうのはちょっと長く感じたり…

大人数で盛り上がれば盛り上がるほど1枚1枚のアピール時間が長くなっちゃうせいもあるんですけどね。

あと、特殊ルールとして得点は無視して「自分の好み(だと思う)の女の子を集める」というのもあります。

こっちはこっちで盛り上がりますね。

ちょっとお酒でも飲みながらワイワイ遊ぶのにはもってこいのゲームでした。

それでもウソは言ってない 呼び込み編



レポーター
自己紹介
高校生と中学生の母です。
家族みんなボドゲ大好き!
主に少人数でも遊べるものや、家族で楽しめるものを紹介していけたらと思っています。
web サイト
トップへ