RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年11月13日(月) 19:33 107 views

Proks

 

タイトル Proks
販売 Régalez
プレイ人数 1人~5人
所要時間 5分~30分

微生物(Prok)の守護神となり、Mr.Boonの体の中にいる、自分のProkたちを増やしたり、育てたりするゲームになります。

不思議な設定のゲーム、遊んでみましたー

 

【内容物】

Prokカード 10枚×5色 50枚

<機能カード>

進化カード   1枚×5色 5枚

特殊進化カード 10枚×5色 50枚

増殖カード    3枚×5色 15枚

ダブル増殖カード 1枚×5色 5枚

ビタミンカード  1枚×5色 5枚

再生カード    2枚×5色 10枚

抗生剤カード   5枚×5色 25枚

強い抗生剤カード 1枚×5色 5枚

※それぞれ特殊効果が用意されています。

 

ライフストーン 15個×5色分 75個

カウンターコイン  1個

 

【簡単ルール説明】アブストラクトルール編・・・ルールは、2種類用意されており、ソロプレイも可能となっております。

プレイヤーごとに使用する機能およびProkカードの色を決めます。

 

各自、指定された機能カードを持ちます。

ライフストーンは共通でプレイヤー数×15個使用します。

最初に各自任意の3匹のProkを作ります。

 

これが初期配置で、カードの効果を使用して、上に移動させることで、高得点を得ていきます!!

 

自分の手番では、以下から選択します。

・進化

・増殖

・抗生剤および強い抗生剤以外の機能カードを使用

また、前のプレイヤーが使用した色は使用することができません。

前のプレイヤーが機能カードを使用した場合は、任意の色をプレイ可能です。

 

親から3巡目ごとに抗生剤カードを使用し、なくなったらゲーム終了

得点が一番高い人が勝者となります。

自分の手番終了時または途中でProkがすべてなくなってしまったら負けです。

 

その他特殊機能などが用意されていますがざっくりとしたルールですね。

 

【総評】

箱を持ってみるとかなりの重く感じて、いったい何が入っているのかと開けてみると、ガラス?のチップが印象的

また、金色の重量感のあるコインもちょっとびっくり・・・こんなコンポーネントが入っていることもあるんや!と感動しました。

カードも通常のサイズと異なり、こだわったんだろうなーと思います。

 

ただ、白を基調としてキレイだなーとかライフストーンがすごいなーと1つ1つのモノに対する良さを感じるけど、

微生物という設定と色彩(イラスト)やカードのサイズをなぜ特殊なものにしたのかは理由は自分にはわからなかったです。

 

ゲームの進行は比較的シンプルで、手番になればカードを使用するというものでしたが、

特殊機能は豊富で、考える要素は多く感じました。

また、ライフストーンの配置によっても、特殊機能があるのですが、意外と忘れがちなので、

一覧表などがあると良いかなと思います。

 

また、カードにはイラストが書いてあるだけなので、カードの名称も書いていただけると

何のカードかわかりやすかったかな。

 

不思議な設定ときれいなコンポーネントが特徴的な作品でしたー

 

 

Proks



レポーター
自己紹介
<p>普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。<br />
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。<br />
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。</p>
<p>最近購入したゲーム:Deception、デュプリク、インサイダー、パッチワーク、PI、211B Baker street<br />
どうやら、推理系のゲームが好きみたいです。</p>
web サイト
トップへ