RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年03月18日(土) 23:22 869 views

真打

タイトル 真打
製作  ジュゲムスタジオ
プレイ人数 2人~4人
所要時間 20分~20分
最初つい「しんだ」と呼んでしまった。恥ずかしい。(笑)
落語を題材にしたトリテ系のゲームになります。
落語界の最後に出演する「トリ」の座を巡り、1年を通してライバルたちと
芸を競いあいます。真打の名に恥じない名声を獲得することを目指します。
和柄なイラストと、スタイリッシュな小箱に惹かれプレイしてみましたー
【内容物】
カードが3種類
・はなしカード 48枚 カードのランクが1-13まで、カードによって1枚から5枚あります
右上の○でカードの枚数がわかるようになっています。
・落語会カード 9枚 このカードを手にすることで、名声ポイントをゲットします。

寄席は3ポイント、ホールだと5ポイントもらえます。
並び方は固定で、左上の数字の通りに並べればOKです。
・称号カード 9枚  ゲーム終了時に条件を満たすとプレイヤーは名声ポイントを獲得します。
ランダムに3枚を選ぶため、ゲームごとに違った名声ポイントを得ることができます。
どの名声(得点)を狙うかで、毎回違った戦略になります。
【簡単ルール説明】
9回のトリックで、ゲームが終了。
称号カード、ボーナスポイント、落語会カードの名声で得た合計の点数で一番高い人が勝利です。
最初に「はなしカード」を手札として、4枚 各プレイヤーにくばります。
また、内容物にある3種類のカードを以下のように並べます。
※ ルールブックより抜粋
トリックは、第一回目は「新春(5点)」を取り合います。
次は、第二回の浅草(3点)と進んでいきます。
手番ではカードを最低1枚出します。カードの数字が一番大きい人がその落語会カードを手に入れることができます。
カードを補充するときは、そのトリックで出したカードの数字が小さい人から場にあるカードを1枚補充ができます。
場にあるカードは3枚が表に、1枚が裏になっています。
見えているカードを取り続けていると相手に自分の手札を公開してしまうし、かといって裏向きのカードを取ると
数字が小さいカードかもしれないので、いい悩みにつながっています。
大まかなゲームのルールは基本的には以上で、これを繰り返していきますが、
以下のカードは特殊効果があったり、同じカードを3枚利用すると「十八番」となって特別にポイントをゲットできたり、
実際は考えどころの多いゲームとなっています。
 
【総評】
落語を知っていればより楽しめるのではないかと、落語自体にも興味を持つきっかけになりそうな作品です。
イラストがとてもキレイで個人的には持っておきたい1作になりました。
ゲームの主はトリテなので、落語がわからなくても問題はありません。
また、落語を知らない人でも楽しめるように、ルールブックとは別に「話」の説明がされていたり、
プレイアビリティとして、カードに枚数がわかるようにマークがあったり、初めての人用オススメ称号カードが書いてあったり、
すごくゲーム全体に配慮が施されていると思いました。
2人でプレイしたときは、トリックを取ったプレイヤーが次のカードを先に出すため、次のプレイヤーがその数字よりギリギリ大きい数を
出せば、トリックを容易に取れてしまいます。ほぼ、交互にトリックを取るといった進行になってしまったため
プレイ人数は2人~4人ですが、3人以上をオススメします。
数字の小さいカードを出したプレイヤーから手札補充ができるので、敢えてここは負けて、欲しいカードを手に入れるとか、
同じカードを使用すると十八番となりボーナス点がもらえるなど、意外と戦略性もあり、欲しいカードが生まれやすい工夫もされています。
また、数字が大きい方(13)が強いのですが、1を2枚使用すると3枚目から14として扱えるなど、弱いカードにはきちんと特殊効果が存在して、バランスが整えられています。
カードの枚数がそれぞれ異なり、裏向きのカードもあるので、完全にカウントできないし、ガチガチやれないところも個人的にはいいですね。
ただ、やっぱりトリテなので、ゲームとしての新しさはないです。
題材も含めて、いぶし銀な面白さです!(笑)
落語を知っている人と遊んで、いろいろ教えてもらいながら遊んでみたい、良作ゲームでした。
これは欲しい!

真打



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:Deception、デュプリク、インサイダー、パッチワーク、PI、211B Baker street
どうやら、推理系のゲームが好きみたいです。
web サイト
http://bright-day-light.wixsite.com/boradgameparfait
トップへ