RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2016年07月04日(月) 19:31 465 views

狼と七日間

タイトル 狼と七日間
製作 ゆるあーと
プレイ人数 3人-4人
所要時間 15分~20分

 

人狼をモチーフとしたカードゲーム

登場するキャラクターが占い師や騎士、怪盗などまさに人狼

ただ、ゲーム自体はバッティングとエリアマジョリティを競って勝利点を稼ぐ内容で、

人狼とは無関係になります。ご注意を・・・

でもプレイ時間20分とは思えないくらいしっかりと考えどころがある良作ゲームです。

 

コンポーネントのチップもしっかりしていて、イラストもかわいい。

まさに自分のツボに入った、一作となりました。

 

 

【簡単ルール説明】

各プレイヤーは、以下のカードとチップを初期手札・手駒として持ちます。

・話術カード【手札】

1~8

※単純な数字が書いてあるカードです。

・狼チップ【手駒】

8枚(内訳:子狼3枚 おとな狼3枚 狂人1枚 ボス狼1枚)

チップの裏面にエリアのマジョリティを決める数字が書いてあり、狼の種類で異なります。

 

 

▼ゲームの流れ

1.ゲームの準備

 

2.話術カードによる手番順決め

3.つまみ喰いチップの獲得

4.役職カードへ狼チップを配置

 

5得点計算

2~4の流れを7日(回)繰り返します。

 

▼1.ゲームの準備

役職カードを以下のように円形に配置

※隣り合うカードはシャッフルして配置するので、

毎ゲーム異なります。

1467623042704[1]

真ん中にあるのは、つまみ喰いチップでそのまま得点

そして、少し見にくいですが、エリアに配置した狼チップの裏面の数字の合計が一番大きい人が

役職カードに書いてある得点をゲットします。

二つの合計得点を合わせて一番多い人が勝利です。

 

▼2.話術カードによる手番順決めと

3.つまみ喰いチップの獲得

 

手番の人は、話術カードを1枚選び表にします。

残りのプレイヤーは裏向きに出して、せーので表にします。

 

この話術カードの数字が、一番小さい人は

真ん中にあるつまみ喰いチップ(得点)を得ることができます。

逆に数字の大きい人は、4の行動を先に行うことができます。

また、他のプレイヤーと同じ数字を出したプレイヤーもつまみ喰いチップを得ることができますが、

4の行動は行うことができません。。。

 

こ、これは、悩む・・・笑

 

▼4.役職カードへ狼チップを配置

2.で決めた順番にならって、狼チップを配置していきます。

このときに役職の能力を利用できます。

 

他のプレイヤーは、このターン(この日)は同じ役職を選ぶことができません。

そして、すべてのプレイヤーが狼チップを配置すると、このターンが終了し、

狼チップは’エリア’へ移動します。

これを7回(7日間)繰り返します。

 

 

 

【総評】

文字に起こすとルールは少々理解しにくいけど、やってみると意外と単純。

ルール説明時も、多少なりとも手こずりましたが、やってくうちにわかったみたい。

 

役職カードの効果も確認できるからプレイする中で、特にわかりにくいということはなかったです。

 

しかし、バッティングの要素はやっぱり盛り上がるね。あのカードをオープン時のドキドキがたまらない。

話術カードは今回はこれにしようかな、あれにしようかな、

ちょっと待ってー、やっぱりやめたーって手札に戻す。

 

永遠に悩んでられるなぁ。。。

 

結局、変更した挙句にカードがかぶってしまって・・・

なんて盛り上がる瞬間は簡単に想像できるかと思います。

 

イラストもかわいいし。ゲームもよくできている。

話術カードを小さくして、つまみ食いチップでいくか、

大きいのを出して、早めに能力を利用してエリアの支配を強めやすくするか。。。

でも他のプレイヤーと数字が被るのは避けたい。。。

 

ぜひ、いっぱい悩んでください。笑

そして、その悩みが楽しいと感じれたら、もうこのゲームの虜ですね。

▼途中経過(これは、4人でやったときのです。)

1467623031485[1]

 

3人~4人ですが、やっぱりバッティング要素がある分4人がオススメ

 

ぜひ1度はプレーしてみてください。

 

狼と七日間



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:Deception、デュプリク、インサイダー、パッチワーク、PI、211B Baker street
どうやら、推理系のゲームが好きみたいです。
web サイト
トップへ