RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年04月29日(日) 23:47 325 views

大臣

プレイ人数 2人用
プレイ時間 60~90分
年齢 12歳~

四等星さんのサシゲー『大臣』を遊んでみましたの巻。

もうね、この箱絵ですよ。えぇ。もっとこう…面白そうだ、とか思わせる工夫では無く、世界観を全面に押し出し過ぎて結果どこまでも怪しい雰囲気しか無いというw

同人作品なので「ついて来られる奴だけついて来い」感MAXなのも、そりゃーあるよねぇ、と。

個人的に2人用ゲームって、どちらかが勝ったらもう一方は必ず負けるワケで、仮に大差がついたりすると「つまんね。クソゲ」て印象になり易くバランスとか評価が非常に難しいと思ってマス。そんな本当に面白いのかさえよくワカラナイ2人用ゲームも多い中、この作品は個人的に結構刺さった方なので、詳しく見ていきましょーという記事になってます。

ゲームデザイン:レイ  イラスト:caelu 他

 

それからこの作品はゲムマ2018春(東京)でも引き続き2500円で頒布されるようなので、気になった方は当日ブースに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

5/5土曜 G21-22 四等星

東の王国と、西の王国は近年急速に親交を深めており、二つの国の統合は目前まで迫っていた。互いに実質的な政治権力を持っているのは国王ではなくそれに仕える有能な大臣である。両国統合後にこれまで築き上げてきた地位を、隣国の大臣に脅かされることを恐れた両名は、力を見せつけんとし、あらゆる手段を用い自国の発展に精を出すこととなる。…そう、例え魔物の力を借りたとしても。

まずは白か黒のコマを取りまーす。サマリーにゲームの進行順序が書かれています。

2人用ながら、しっかりしたゲームボードがあります。

上の方から右側にかけて、「評判」のマス目(オレンジ)

下の方に、「所持金」のマス目(黄)、「情報(黒い影アイコン)」のマス目(紫)

があります。これら3種のステータスを上下させながら、勝利点(青▼の数字アイコン)を相手よりも集めた方が勝ちです。

 

ゲームの進行に沿って何をするのか、を説明していきます。

白と黒が交互に手番を行うのを繰り返していきます。

 

1.獲得フェイズ

王宮カードというのが1枚貰えます。何が貰えるかはワカラナイけれど、とにかく何かが無条件で毎手番に貰えるのです。

そして+1金。固定収入です。

 

2.フリーフェイズ(やりたければやってもイイ)

【建物カードの購入】

お金を払って建物をつくれます。たくさん建てるほど勝利点がどんどん増えます。

この建物カードの下の方に「国家結合」カードをテキトーに差し込んでおき、コレがめくられた時にゲーム終了になります。

2人用なのに1時間超て大丈夫なのか?と思ってた方は、コレを浅めに差し込むだけで短時間決戦のゲームにできますから安心です。

 

【市場カードの使用】

既に市場から購入してあるアイテムカードを使用して効果を得ます。

 

【魔物アクションの使用】

ボード中央に描かれた気になる「魔物」たち。コイツらを従えている場合には使役して効果を得られます。

ただし、評判を払わなければいけない事と、魔物の効果が「相手の建物を破壊する」というのがほとんどなので、2人で競っている以上はアレを破壊しない限り逆転ができない!という状況でしか出番は無いカモ…

 

3.アクションフェイズ

ココからがこのゲームのメインです。

両者は、1~7番までの7種類の行動カードを持っています。

この中から、今回行いたい行動番号のカードを一枚だけ伏せて出します。

相手側は、この伏せられたカードが一体何番なのか、を当てなければいけません

この時、何回目で当てる事ができたか、の回数Xが大きい程、手番側が有利になります。

 

通常は3枚ずつ「コレでしょ?」と自分の持つ行動番号カードを提示して、当てます。7種なので1~2回でほぼ当たるし、最悪でも3回目には当てる事ができます。

手番側は「情報」を1支払う事で、2枚ずつしか提示できなくさせる事ができます。当てるのに最悪4回かかる可能性が出てきます。

もしも「情報」を2支払うと、なんと1枚ずつしか提示できなくさせる事ができます。当てるには最悪7回かかります。

 

具体的な行動カードの内訳は

(1)王宮カード(何かもらえる)をX枚追加でもらえる

(2)お金をX増やす

(3)評判をX増やす

(4)情報をX増やす

(5)建物をX分値引きして購入できる

(6)市場カード(アイテム)をX分値引きして購入できる

(7)レベルXの魔物を召喚する

となっています。

 

今、相手は何金あるからアレが買える、コッチには少し足りない、でもXが大きかったら(=相手の行動予想を外したら)安く買い叩かれる可能性も…ッ!

でもでも単純にココは1ターン我慢してお金を貯め込むつもりなのか…いやしかし後々の事を考えると情報を稼いでおく方が…??

みたいな駆け引きが、2人なのに交互に毎回、やってくるのです。

この状況でオマエが選ぶのはコレでしょ! えッ…違うの? いやいやまさかそんなそんな。という2人ならではのイチャラブを楽しむゲームとなっています。

 

4.内政フェイズ

持ってる王宮カードに描かれたモノを全部貰えます。嬉しい

 

5.リフレッシュフェイズ

場に出ている建物カード、市場カードの内、山から最も遠い位置にあるカードを捨札にして、新たに山からカードを補充します。

建物カードから「国家結合」が出てきたら時間切れによりゲーム終了です。

ソレ以外は手番を交代してフェイズ1から繰り返します。

 

 

と、いう感じで、まぁ最初に箱を見た時に思った「…大丈夫なのかコレ」という印象はゲームボードとカードを見た時点で既に無くなっているという、不思議な2人用ゲームでした。

皆もね、外見だけで決めつけてスルーしてると勿体無いのってあるよ、という例でした。

大臣



レポーター
自己紹介
2016からボードゲーム集め出したけど、基本ぼっちをこじらせている為、買ったのに遊んでいないゲームがたくさんあります。
30分超えたら重ゲーに分類、一人でも遊べるダイスゲー万歳。

クイーンズブレイド大好き。PSO2の6鯖アークス(ログインくらいだけどキャラ名同じ)
web サイト
https://twitter.com/luckydays4you
トップへ