RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年03月21日(水) 14:37 2.2K views

パワーワード人狼

タイトル パワーワード人狼
ブース名 のむゲームズ
プレイ人数 5人~10人
所要時間 5分~15分

 

何気ない会話の中に含まれるインパクトの強い言葉(パワーワード)を言う

「パワーワード人狼」を探すゲームになってます。

【内容物】

「役職カード」10枚

「パワーワードカード」25枚

「最初の話題カード」1枚

※裏面はルール早見表

サイコロ:1個

 

【ざっくりルール説明】

全部で3陣営に分かれて遊ぶチーム戦?になります。

基本は、あか、あお、そして、目立ちたがりという「キツネ」的存在の3陣営になります。

 

まずは、プレイヤー人数によって、利用する役職カードを選びます。

時間内にパワーワードを言わなければならない「パワーワード人狼」とそれをサポートする「狂人」がいます。

 

各プレイヤーに1枚ずつ役職カードを配ります。

最初の話題カードを全員から見やすい位置に置き、誰かがサイコロを振り、出目によって話題と「パワーワード人狼」の「パワーワード」を決めます。

 

「パワーワード」、話す内容などが決まったら、お互いにチームを確認するために、全員が目を閉じます。

GMは不要ですが、どなたかが司会者として音頭をとるとわかりやすいかな。

 

この時に、「パワーワード人狼」が自分のカードを仲間に見せることはできませんが、口パクで「パワーワード」を仲間に伝えたり、

作戦を伝えるのはOKです。声は残念ながら出せません。

 

【会話スタート】

お互いのチームのメンバー確認が終わったら全員が目を開け次の会話の時間を決めます。

3分から5分がルール上には記載がありました。

この会話時間中には最初の話題から内容が変わっても問題ないです。

但し、「パワーワード人狼」は「パワーワード」を最低1回は言わないといけません。

 

時間がきたら、会話を終了→投票に移ります。

 

【投票】

せーので相手の「パワーワード人狼」だと思う人を指差します。

役職カードを公開し、各チームの「パワーワード人狼」の置く票数を比べ、

その数が少ないチームが勝利です。

※引きわけや勝利チームがない場合もあります。

 

【総評】

ルールはB5両面サイズにまとまっていて、助かります。

人狼を遊び慣れて、変化球として楽しむイメージを持ちました。

 

カードに関しては少し柔らかい感じがしたので、スリーブに入れた方がよいかな。

役職カードとパワーワードカードの裏面は、文字で判別する形なので、色などで視認性アップしていただけると助かったなーと

また、「パワーワード」は、ボードゲームの名前やジブリなどこれ同人だから許されるなーというワードがたくさんあって、良いなと!

くすっとくる単語が多かったなぁと!

ただ、ゲーム中に言いやすいワードとそうじゃないものの差が激しく、ボードゲームに至っては、ただ、みんな好きなゲームの名前を

いうだけなので、まったく判別がつかないですね。(笑)

遊ぶ人を選ぶでしょうが、はまれば、かなり盛り上がるゲームだと思います。

 

そして・・・ルール上の勝利条件にある最後の2行はどぎもを抜かれました。そこも必見かと!(笑)

パワーワード人狼



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:not alone(凶星からのデストラップ)、PRIVACY、アンロック、いかさま虫、ペアーズ、RAなど
ボドゲだけで生活できる人が増えろ~と思ってます。(笑)
web サイト
トップへ