RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年08月27日(日) 09:08 416 views

ゾン噛まPARTY!!

タイトル ゾン噛まPARTY!!
製作 ケンビル
プレイ人数 3人~6人
所要時間 5秒~5分

ゾンビに噛まれてしまった!! ワクチンは1人分だけ足りない!

こうなったら早い者勝ちの戦いが始まります!

あの「ゾンビに噛まれて」が、パワーアップして返ってきました。

別の某有名レビューサイトに「そっとおやすみ」よりおもしろいと書いてありましたね~

早速遊んでみましたー

【内容物】

細胞カード 7種類×5枚

万能細胞カード 3枚 ・・・任意の細胞カードとして扱えます。 トランプのジョーカー的な

睡眠薬カード 2枚 次のプレイヤーの手番を飛ばします。 Unoのスキップだね。

逆転の発想カード 2枚 手番の進行が逆向きになります。 Unoのリバースだね。

 

カードはこんな感じです↓

裏面前回と違う?

 

【簡単ルール説明】

手札を3枚ずつ各プレイヤーに配り、残りを山札にします。

自分のターンで、1枚山札からドローして、手札から1枚カードを場に出す。

効果があれば、効果を解決して次のプレイヤーへ移ります。

 

手札3枚がすべて同じ細胞カード、もしくは万能細胞になれば、ワクチンは完成! 好きなタイミングでカードを伏せます!

他のプレイヤーは、カードが倒されているのを確認したら、自分の手札がそろってなくても伏せてOK

 

一番最後のプレイヤーが負けです!

うーん。簡単なルールだ! そしてパーティゲームだね。素敵!

 

【総評】

前作は4人プレイだったので、友人が2つ購入して8人で遊んだりといった対応をしていたけど、
これは1つ購入すれば、6人プレイできる。さらに拡張カードで8人プレイ・・・すばらしいね。

このゲームシステムだと、人数が多い方が気づきにくいし、8人対応はいいよね。

あとは、話題トピックとかあると、会話が弾むから、集中力が途切れて、カードを伏せるチャンスが増えていいかもね。
その点は、多少考慮されてて、カードを交換するカードがあって、ちょっとおもしろいと感じました。

また、ゲームのピークはやっぱり気づかずにカードを持ち続けている人が気づいた瞬間だから、
「伏せることが禁止」になるカードは通常入れずに遊ぶことを個人的にはオススメいたします!

あと、前作はチップがあったけど、今作は無くなっていました。

ゾン噛まPARTY!!



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:Deception、デュプリク、インサイダー、パッチワーク、PI、211B Baker street
どうやら、推理系のゲームが好きみたいです。
web サイト
トップへ