RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年12月13日(水) 01:50 554 views

ザ・ボムズ

プレイ人数 2~4人
プレイ時間 20分
年齢 8歳~

そしたら、倒錯社さんの『ザ・ボムズ』を紹介しちゃいマス。

ゆる~いキャラのイラストで爆弾を押し付け合う小箱なカードゲームでしたー。

イラスト:まくるめ

押し付け×爆発×連鎖カードゲーム

という事です。そんな事よりも、とにかくコノゆる~い感じのキャラを見てもらえれば。

コレ好き。根拠は無いけど何故か面白そうに見える。

3色が1/2/3/5とあります。それと「爆発カード」。

ゆる過ぎて色が薄いので若干、同じ色なのか不安になるくらいですw

 

ルールは簡単、1枚持ってて山から1枚引いてきて、2枚中1枚を場の列のどこかに差し込むだけ。

端に付け足しても良いし、真ん中に割って入っても構わない、という徹底したゆるさです。

ではどの辺がゲームなのかというと、もし同じ色が2枚隣り合うと爆発して消える→失点として受け取ります。

そして落ちモノパズルゲームのように、隙間を詰めて、もしまた同じ色が隣り合ったなら連鎖で爆発して消えます。

この時、連鎖により爆発した失点カードは他のプレイヤーに自由に押し付ける事ができるのです!

 

3色しか無いですが、そもそも爆発しないように並べる事はできます。だってどこに差し込んでも良いのだから。

でももし誰かが連鎖を開始してしまったなら、次々と失点を押し付けてくるのです。だってそういうゲームだから。

すると狙うのは1-1を自分で引き取って、連爆した分を他人に押し付ける事。合計3以上が連爆する状況なら攻撃となるのです。これはつまり並べる際には、連鎖しないように3色をキレイに順に配置する事こそが基本となります。

それじゃ結局、自分だけ失点したくないから誰も爆発させないんじゃ?と思いマスよね。

そこで、連鎖していなくても列のどこかで爆発が起こりさえすれば、両隣りのカードを一緒に押し付ける事ができる「爆発カード」があるのです。

またコレが全35枚中8枚と多い為、カードの押し付け合いは爆発カードが列にあるかどうか、によるのです!

 

個人的に残念だなぁ、と思ったのは「自由に失点カードを他人に押し付ける事ができる」点でしょうか。

コレはつまり誰が勝って誰が負けるかを選べるんです。仮に集中攻撃されたら逆転の余地なんか無いワケで…ルールまでゆるくし過ぎた事による弊害かもしれませんが。

なので押し付けるカードを「場の左から右方向に、自分から時計回りで席順に1枚ずつ配る」とかに決めちゃった方が「そーゆールールだから仕方ないよねぇ」てなる気はします。

ザ・ボムズ



レポーター
自己紹介
2016からボードゲーム集め出したけど、基本ぼっちをこじらせている為、買ったのに遊んでいないゲームがたくさんあります。
30分超えたら重ゲーに分類、一人でも遊べるダイスゲー万歳。

クイーンズブレイド大好き。PSO2の6鯖アークス(ログインくらいだけどキャラ名同じ)
web サイト
https://twitter.com/luckydays4you
トップへ