RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年08月09日(水) 18:02 863 views

サイノメコロシアムR

タイトル サイノメコロシアムR
製作 MRエンターテイメント
プレイ人数 2人から4人
プレイ時間 10分×人数
内容物 カード:114枚、サイコロ:2個、プレイシート:4枚、すごろくシート:1枚、説明書:1部

 

 

「サイノメコロシアムR」を遊びました。

対戦型カードゲームです。めちゃくちゃおもしろいです。ドハマりしました。

詳しいルールについては、製作者のMRエンターテイメントさんがpdfファイル(12.6MB)で公開されていますので、そちらをご覧ください。

基本的には、10種類のプレイアブルキャラクターの中から1人を選び、装備カードを付け替えながら対戦するゲームです。

キャラクターカードの上下左右に装備カードを装備するのですが、装備できる箇所には制限があります。

装備カードは、サイコロ型の「リンクシンボル」がキャラクターカードと繋がるようにしか置けないのです。

また、このリンクシンボルは攻撃判定にも使用され、プレイヤーは、攻撃時、サイコロを振り、出た目に装備されている装備カードで攻撃することになります。

この攻撃判定の方法がドラマを生み、ゲームをおもしろくしてくれます。

 

オススメポイント

  • 絵柄がかわいい!
  • 基本ルールが視覚的にわかりやすく、HP管理やダメージの数値が簡明。サマリカードもとても使いやすい。
  • それでいてやり込むと戦略性が深い。次々にコンボを決めたくなる。
  • 外れ装備が少なく、どれもそれなりに使い勝手がある。
  • 2人対戦でも、3人以上対戦でもプレイ感がそれほど変わらず楽しめる。
  • アナログゲームにほとんど馴染みのない人や、子供、コンピュータゲーマーにもおすすめしたい! バトルが楽しい!

 

気になる点

  • ある程度しかたのないことだとは思うのですが、説明書だけではよくわからず、公式ページのFAQなどを参照しても解決しないことが多々ありました(「早着替え」や「二者択一」での「攻撃」は、手札起動カード使用のアクションとは別個のアクションとなるのか、「イカサマダイス」と「二者択一」の優劣、「時限爆弾」の説明における「トラッシュフェイズ」とはだれのトラッシュフェイズなのか、「チャージ」の出目が出た場合の処理など)。その場の合議でルールを決定するまでゲームが停滞してしまうのがとてももったいないです!
  • カードも説明書も字が小さい。

 

個人的にお気に入りのコンボ

優しいシスター:「チェーンソー」を装備して覚醒、「一撃斬殺」で12ダメージ。

隻眼の弓兵:「大弓」を左右に装備して覚醒、「百発百中」で最大12ダメージ。

村人A:「リサイクル」で伝説系を集めまくる。/「リサイクル」で「トランプ」を集めて全身トランプマンと化す(3分の2の確率で5ダメージ)。

 

 

サイノメコロシアムR



レポーター
自己紹介
20代女性です。
ふだんはTRPGサークルのメンバーとしてTRPGをプレイしたり、シナリオ集を発行したりしています。
昔から水道管ゲームやモノポリー、バトルシップのような海外産ボードゲームが好きだったのですが、最近国産アナログゲームをプレイしはじめました。

ボードゲームを多人数で定期的にプレイできる環境がないため、少人数でプレイできるゲームを中心にレポートしたいと思います。

箱やカードなどのデザインがおしゃれなゲーム、戦略性と物語性が両立しているゲームが好きです。
web サイト
トップへ