RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2016年07月31日(日) 10:50

クレーマー・クレーマー

タイトル クレーマー・クレーマー
製作 CRIMAGE
プレイ人数 2-5人
所要時間 10分

 

【設定】

老舗デパートで働くあなたは、次から次へとくる理不尽なクレーマーを相手に

素早く対しなければなりません。

急に来る、お得意のお客様へは笑顔で対応!

さぁ本日も開店です。

#最近?のボードゲームは社会問題を取り扱った時代に沿った設定が増えてきている気がしますね。

#もともとは存在していて、俺が気が付かなかっただけなのかもだけど・・・

#トーク系のボードゲームかと思ったら、全く想像と違った。笑

 

 

【簡単ルール説明】

・内容物(内訳)

カード36枚(クレーマーカード 13枚 お客様カード3枚 店員カード 20枚)

1469929165422[1]

 

 

 

準備として、クレーマーカードと、お客様カードをまとめてシャッフルし、山札とします。

次に店員カードを各プレイヤーへ手札として4枚ずつ配ります。

 

ゲームの手順として、適当な方法でスタートプレイヤーを決め、山札から1枚カードをめくり

全員が見えるように場に出します。

カードをめくる時には合図として、いらっしゃいませ!と元気よく声に出します。

#元気でなくてもいいのですが、元気な方が場に一体感がでました。

 

1469929170181[1]

 

そして、クレーマーカードの場合は、クレーマーカードに記載のあるアイコンと同じアイコンを持っている

手札のカードをすばやくだします。

1番すばやく対応したプレイヤーがクレーマーカードを獲得し、それが得点となります。

 

1469929175162[1]

 

 

【プレイ 2人】

クレーマーカードが出ても2人だと出せないことも多かった印象を持ちました。

どちらかのプレイヤーしか手札から出せるカードをもっていないこともあり、あまりスピード勝負!

といった形にはならなかったです。

クレーマーにすばやく対応といった設定だったので、対応できない時にワンアクションしないと

いけない行動があるといいなーと思いました。

 

1回ミスをするとすべての得点が場札のカードとなり、次に得点をゲットした人がまとめて場札のカードも

含めて総取りとなるルールは意外とありだと思いました。

 

【プレイ 4人】

月1回程度集まるメンバーでプレイ

ノリのいいメンバーだったので、申し訳ございませんや、ありがとうございますなど

元気に対応。

全力でやった分、言い間違えが起きたときなどミスしたのを見るのはおもしろかった。

思考要素はほぼ0だし、単純なゲームなので、対象年齢など含めて子供がいると微笑ましいゲームになるのでは?

と言った意見がありました。

 

【総評】

前述しましたが、設定としてクレーマーの対処となっていたので、てっきり話術で交わすことをイメージして

いましたが、ゲームとしてはなんとなくドブルとかに近い印象を持ちました。同じ絵柄を探す部分とか。

 

カードを出したらルールが非常にシンプルなゲームで説明が簡単だったり、カードとあわせて言葉を発したり、6歳からという年齢設定も含めて家族でやると楽しいゲームかなと思いました。

ただ、6歳にクレーム処理させるのか・・・?と設定リアリティがあまりない部分も・・・笑

まぁー手札と場札の絵柄を探すゲームなので、そこまで設定は深く考えなくてもいいかもです

 

 

クレーマー・クレーマー



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:not alone(凶星からのデストラップ)、PRIVACY、アンロック、いかさま虫、ペアーズ、RAなど
ボドゲだけで生活できる人が増えろ~と思ってます。(笑)
web サイト
トップへ