RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年11月05日(日) 12:57 135 views

キャットクライム

 

タイトル キャットクライム
製作 仙プロ
プレイ人数 2人~4人
所要時間 10分~20分

「高級ネコ缶」をめぐる猫たちの行方は・・・

すごろくをベースにした6歳から遊べる簡単さっくりゲームになります。

 

【内容物】

猫コマ:6個(青2、赤2、黄1、緑1) プレイヤー数によって、使うコマが異なります。

ダイス:1個

フィールド:1枚

 

【ゲームの流れ】

外周に使用する猫コマを配置し、自分のターンにサイコロを振ってその数分、時計回りか、反時計回りに進みます。

※移動中に進む方向を変えることはできません。

この色のチョイスは2人対戦用になります。

 

そして、5Fとなる中心のゴール(高級ネコ缶)を目指します。

 

通常のすごろくと同様、自分のターンで一度サイコロを振り、その目の数移動します。

移動した後、条件を満たせばアクションを行えます。

 

1.ほかの猫コマと同じマスに止まる

⇒無条件で、自分の猫コマが1つ上のフロアに移動

 

2.数字が書かれたマスに止まる

⇒サイコロを再度振り、その目がでたら、1つ上のフロアに移動

?が描かれたマスに止まる

⇒数字を宣言し、サイコロを再度振り、その目がでたら、1つ上のフロアに移動

 

3.同じ列、(タテまたはヨコ)に他の猫コマがいるマスに止まる。(以下画像を参照・・・ルールより抜粋しました。)

バトルの手順に従って、相手に勝利した場合、相手のコマと自分のコマを入れ替える

 

 

バトルの手順

バトルの相手を指名!

自分⇒相手の順にサイコロを振り、「自分のサイコロの目」と「相手のサイコロの目+フロアの差」の大きさを比べます。

 

自分の出した目が大きかった場合のみ、相手に勝利!

自分が1Fにいて、相手が3Fの場合は、2つ差があるため、それがサイコロ目に反映されます。

自分のサイコロの目が4の場合、相手は、2以上を出せば負けないです!

 

最初にゴールに到着した人が勝利!(チーム戦の場合はそのチームの勝利)

 

 

【総評】

ネコ駒はかわいいですね。

木製チップもしっかりしていて、サイコロも木製で温かみのある印象!

 

ただ、1500円で販売をするなら、箱も透明な(無地)キャラメル箱タイプではなく、イラストが載っている化粧箱タイプで

あってほしかったかな~と

※サンプル用なので、実際の販売しているものとは異なる可能性があります!

 

ゲームとしては、上のフロアに上がるためには、うまく数字マスに止まるか、相手の上に乗るなどの必要があるので、それができないとひたすら外周を回る感じになります。

それを防ぐために、バトルが起きやすいようにはできています。

 

何か起きるまで、サイコロを振り続けるだけ・・・今回遊んだのは特に2人だったので、最後の方は相手をちょっと応援してしまいました。

また、ルール上は特に記載がなかったのですが、ゲームスタートのプレイヤーはサイコロを振ると必ず、同じ縦のラインに別の猫コマが存在するので、バトルになる?? そんなことないよね?という話になり、おそらく他の階じゃないとバトルは発生しないものとして、進めました。(もしルールの読み込み不足ならすみません。。。)

 

 

これはルールにも書いてありましたが、4人で遊ぶ方が良いように感じます。また、あまり頭を使わず運がメインのゲームなので、

ゆっくり日曜の朝に起きて、太陽を浴びながら、遊んでいただければと思います。

 

 

 

 

キャットクライム



レポーター
自己紹介
<p>普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。<br />
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。<br />
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。</p>
<p>最近購入したゲーム:Deception、デュプリク、インサイダー、パッチワーク、PI、211B Baker street<br />
どうやら、推理系のゲームが好きみたいです。</p>
web サイト
トップへ