RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年03月20日(火) 23:11 203 views

アニマーレ・タッティカ

タイトル アニマーレ・タッティカ
ブース名 カワサキファクトリー
プレイ人数 2人~4人
所要時間 10分~30分

 

カードの内訳がプレイヤーによって異なる、大富豪をベースにしたカードゲームになります。

こういうかわいいイラストもあるんですねー

【内容物】

動物カード 4種類 各16枚

編成カード 4種類 各1枚

※動物カードの構成を表します。

精霊カード 4種類 各3枚

※特殊効果のあるカードになります。

進軍カード 4枚

※3人プレイで利用するみたいです。

サマリーカード 4枚

※各フェイズの流れを表しています。

 

【簡単ルール説明】

2人プレイ用になります。

 

好きな動物カードを1種類選びます。

16枚すべてを裏向きに良く切り、上から6枚を山札とします。

残り10枚が自分の手札となります。

また、精霊カード12枚を裏向きにして良く切り、各プレイヤー3枚ずつ配ります。

内容を確認し、1枚選択し手札に加えます。

※選ばなかった2枚は、精霊カードの残りへ戻します。

すべてのプレイヤーが精霊カードを戻したら、シャッフルし動物カードとは別に精霊カードの山札とします。

 

1ゲームは、何回かのラウンドを繰り返し行います。

1ラウンドはスタートプレイヤーから交互に手札の動物カード、精霊カードを出し、どちらかのプレイヤーがパスをすると終了します。

大富豪をイメージしていただくといいかなと思いますが、手札からカードを出すときは、

1枚で出す場合と複数同じ数字だと同時に出すことができます。

また、次に出すプレイヤーは、その数字を上回る数字と同じ枚数で出す必要があります。

※一部特殊カードや、同時に出せないカードもあります。。

 

そして、大富豪と異なる出し方が1つあります!

それは、直前に出されたカードの合計値と同じ数になるように、同じ数字カードを出します。

その際に枚数が多くなるように出す必要があります。

 

#この出し方が、意外とびっくりする展開を生み出します。(笑)

 

パスしたプレイヤーは自分の山札から手札に2枚加える必要があります。

山札がなくなった後にパスをしたら、今度は精霊カードを1枚手札に加えます。

 

当然手札(山札は関係ない)がなくなったプレイヤーが勝利なので、パスをすると、

勝利が遠のきますね・・・

 

2ゲーム先取でもよいですし、1ゲームで決着してもよいと書いてありました。

そこは、ゆるふわルールになってます。

 

【総評】

まずは、さすがといった安定感ある面白さですね。

カードの質、箱の質、イラストの可愛さ全て良好!

 

基本は大富豪のようなのですが、その中でも特殊カードや、パスをしたら

手札が増えてしまう、それぞれの利用するカードのカード構成が異なるといった、大富豪を知っているからこそ

楽しめるポイントがあるのかなーと。

 

各カード構成が異なると、なかなかテストプレイ大変だったんだろうなーと想像できます。

一部変えて、またテストプレイ、一部変えてテストプレイ。こりゃ大変だ・・・

 

他のゲームも遊ばせてもらってますが、ゲームの質の平均値が高いですね。ホントにうらやましい限りです。

 

ちょっとゲームの名前を覚えるのが難しいのが唯一の難点かなーと(笑)

楽しませていただきましたー

アニマーレ・タッティカ



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:not alone(凶星からのデストラップ)、PRIVACY、アンロック、いかさま虫、ペアーズ、RAなど
ボドゲだけで生活できる人が増えろ~と思ってます。(笑)
web サイト
トップへ