RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2018年03月06日(火) 01:02 520 views

ようせいをみつけて

プレイ人数  3~6人
プレイ時間  20分
年齢 5歳~

さあ今度は、倦怠期さんの『ようせいをみつけて』の紹介です。

カードを組み合わせてヘンテコな「ようせい」が現れるので、ソレを「口頭で伝えながら探す」というウォーリーを探せ的なゲームとなっています。

ゲームマーケット2017秋(東京)での頒布価格は1500円でした。

制作:ましう

 君たちは森の奥に住む住人だ。

言い伝えによると森の奥の不思議な木、タイボク様に生っている実を食べるとイケメンになれるらしい…

タイボク様のお友達のようせいをみつけて一緒に採りに行けば1つくらいは分けてくれるはずだ。

という何とも眉唾な話と動機ですが、まぁ細かい事はいいでしょう。

早速、タイボク様の近くまではやってきましたよ!

ようせい、大杉…

 

 

どうやって目的の「ようせい」を探すのかというと、『頭』『胴』『足』の3パーツのカードがあるのでこれらをシャッフルして各1枚ずつ組み合わせたのが、今回の「ようせい」さんという事になります。ソレってつまり全てのようせいさんが結局タイボク様の友達なんじゃ…とか無駄な詮索は止めましょーw

ただし正解を見られるのは1人だけ。タイボク様役の人は、ようせいさんの特徴について質問されたら答える係をします。

 

他のプレイヤー達は

「目はいくつありますかー」

「手は何本ですかー」

「足はありますかー」

「もし既に見つけていたら何色ですかー」

なんて感じで言葉で伝わった情報のみで探す事になるのです。

ピンクの欠片は正解時にひとつめくって、★の数が得点になります。

 

えーと、こちらからは以上です…

単純に、モンタージュ風な組み合わせのキャラを先に探すだけ!というシンプルなゲームなので、まぁパッと見ただけでも一部の人の心には刺さる作品ではないでしょうか?

 

 

せっかくなので探してみましょー。次の3匹です(本当は正解を見ないで聞いて探すワケですが)。

答えは結構下

 

ようせいをみつけて



レポーター
自己紹介
2016からボードゲーム集め出したけど、基本ぼっちをこじらせている為、買ったのに遊んでいないゲームがたくさんあります。
30分超えたら重ゲーに分類、一人でも遊べるダイスゲー万歳。

クイーンズブレイド大好き。PSO2の6鯖アークス(ログインくらいだけどキャラ名同じ)
web サイト
https://twitter.com/luckydays4you
トップへ