RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > プレイレポート > レポート詳細

2017年05月13日(土) 09:09 71 views

死ぬまでにピラミッド

タイトル 死ぬまでにピラミッド
製作 オインクゲームズ
プレイ人数 2人~6人
所要時間 20分~
古代エジプトの建築家として、王の墓をつくります。
他のプレイヤーより大きな墓を完成させ、富と名声を得ることを目指すぞー
「藪の中」、「海底探検」と好きなゲームの作者だったからレビュー楽しみ~
【内容物】
ダイス:7個
材料ピース:計80個
長方形の材料:20枚
正方形の材料:12枚
小三角形の材料:20枚
大三角形の材料:14枚
台形の材料:14枚
※チップの量はかなり多めでしたね。
 ダイスも特殊ダイスになります。
【ゲームの準備】
長方形の材料1枚を最初の材料として各プレイヤーの前に配置します。
また、控えの材料として、小三角形の材料を全員1枚ずつ手元におきます。
プレイ人数により使用するダイスと正方形の材料が異なります。
2人でプレイしたので、ダイスは7個、正方形の材料6枚でゲームスタートです。
以下のように分けて、材料を配置することがオススメのようです。
【ゲームの目的】
材料ピースを組み合わせて、「なるべく得点の高い墓」、を「王が死ぬ前に」、「完成させること」を目指します。
お墓の得点は、正方形の材料の1辺の長さを「1」として、「底辺×高さー屋根の頂点の数」
以下、ルールより抜粋
【ゲームの進行】
1~4の流れを繰り返し進行します。
1.材料の仕入れ
2.墓の建設
3.完成の宣言
4.仕入れ役の交代
王の死、または全員の完成宣言で、ゲーム終了です。
王の寿命は、場に並べられている、「正方形の材料」の残数になります。
場に「正方形の材料」がない状態で、プレイヤーが正方形の材料が必要になるダイスを取るとただちにゲーム終了になります。
1.材料の仕入れ
ダイスはすべてをまとめて振ります。
2.墓の建設
仕入れ役(ダイスを振ったプレイヤー)から、時計回りに建設を行います。
場に振られたダイスの中からひとつ選び、そのダイスと出ている目の材料を受け取ります。
受け取った材料か、手元にある控えの材料のどちらかを使用して、ただちに建設を行います。
控えを使用した場合は、今回獲得した材料を新たな控えにします。
これを、ダイスが残り1個になるまで実施します。(最後の1個は誰も取ることができません)
※選んだダイスの材料がなくなった場合は、「正方形の材料」を代わりに受け取ります。
※一度建設した材料は動かすことができません。
※配置できない場合は、ゲームから除外し、得点計算時に1つマイナス2点となります。
以下のように建設時は、ルールが存在します。
以下、ルールより抜粋
3.完成の宣言
建設を行ったあと、自分の墓が以下の2つの条件を両方満たしていたら「墓の完成」を宣言することができます。
条件1:墓の上の辺がすべて斜めになっている
条件2:すべての垂直な辺の高さが1マスいないになっている
完成を宣言した建築家はその後、建築や仕入れを行うことができなくなります。
ダイスの数は減らないので、人によっては仕入れを複数回行う場合もあります。
以下、ルールより抜粋
4.仕入れ役の交代
ダイスが1個になるまで、建設を続けたら、仕入れ役の左隣のプレイヤーが新しい仕入れ役となり
1からの流れを繰り返します。
【2人でプレイ&総評】
2人で遊ぶと、材料集めはほぼほぼ好きなのを集められたので、比較的大きなピラミッドの完成を目指すことができました。
以下、自分の完成したピラミッドです。
おそらく、条件を満たしているはず!
底辺(9)×高さ(4)-頂点の数(2)=34であっているはず。。。
1人が先にピラミッドを完成させたので、もう一人が材料チップをさらに取り放題の状況に。。。
完成を宣言するタイミングを間違えると致命的なミスになる印象を持ちました。
やっぱり個人的には3人以上でやるとことをオススメします。一人ひとりの思惑が絡む方が、取得する材料も悩むし、考える要素が増えそうですからね。
総評としては、ゲームのルールは、1枚の用紙にうまくまとめられていたけど・・・
材料の配置や、完成宣言時の条件など、細かい条件が多くて、ルール説明がしやすかった今までのゲームとは
ちょっと異なるタイプのゲームになっている印象かなーと。
あと、材料チップの数が多い分、珍しく片づけるのがちょっと大変かなと思った。
箱のなかにうまくいれないと、箱を開ける度にチップが飛び出てしまう。。。
袋もなく分けて片づけることができないから、セッティングもチップごとに分けて置く度に手間ではある。。。
期待度がめちゃくちゃに高かっただけに、ちょっと悪く書いてしまっているところが目立ってしまいましたが、
当然ゲーム自体の完成度が高く、ダイスの目の色を一部変えていたり、チップに線が入っていて、置けない方向をわかりやすく示していたり、さすがの気遣いは健在!
得点計算に掛け算があるので、8歳以上の年齢が必要ですが、材料を配置して、組み立てるという小さい男の子でも
はまりそうな要素があるゲームでした。

死ぬまでにピラミッド



レポーター
自己紹介
普段は、月1くらいでボドゲ会、人狼会などを川崎で開催しています。
初心者にやさしいものを目指して、身内中心にゆるゆるやってます。
少しでもボドゲを一緒にできる楽しい仲間が増えることを願って、レビューに応募させていただきました。よろしくお願いします。

最近購入したゲーム:Deception、デュプリク、インサイダー、パッチワーク、PI、211B Baker street
どうやら、推理系のゲームが好きみたいです。
web サイト
トップへ